訪日ベトナム人38.9万人!検索数から分かる旅行の動向とは

訪日ベトナム人38.9万人!検索数から分かる旅行の動向とは

アウンコンサルティング調べ、訪日の傾向

アウンコンサルティング株式会社は、訪日ベトナム人の検索数から見る訪日動向を調査。4月2日にレポートを公表しました。北海道への関心が高いものの、訪問率は高くないことが分かりました。

アウンコンサルティング「訪日ベトナム人の訪日動向」

アウンコンサルティング「訪日ベトナム人の訪日動向」

高い伸び率、リピート率のベトナム

訪日ベトナム人の伸び率が上昇しており、2011年の4.1万人から、2018年には38.9万人まで増加しています。リピーターも多く、観光庁でも現地旅行会社との連携など取り組みを強化しています。

同社ではベトナムからの日本訪問に関する検索数を集計・分析しています。「日本旅行」の検索数が前年比94.0%のプラス。ベトナムは団体旅行が多く、主要観光都市への訪問率に合わせ「東京」「大阪」「京都」などの検索率も高くなっています。

その中で、栃木県の「日光」は検索数が上昇していることが明らかになりました。YouTubeのプロモーション動画の影響と見ています。

北海道に憧れながらも、訪問率が低い理由とは?

また、「北海道」「白川郷」の年間検索数や上昇率が上昇傾向にあり、雪やウィンタースポーツへの関心が高まっています。しかしながら現地のテト休暇(旧正月)は、里帰りをして家族や親戚と過ごすのが一般的なため、冬の訪日数も低いのが現状です。

レポートは、四季のほとんどないベトナムでは味わえない体験を海外旅行に求めており、桜のある4月、紅葉のある10月の需要が高いと見ています。

(画像はプレスリリースより)

まずは知ってもらう!旅マエに有効なインバウンド集客を資料で詳しくみてみる

「インバウンド動画プロモーション」を資料で詳しくみてみる

「SNSを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インフルエンサーマーケティング」を資料で詳しくみてみる

「広告プロモーション」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

アウンコンサルティングのプレスリリース
https://www.auncon.co.jp/

アウンコンサルティングのプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部がセレクトした、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。