2019年世界の「大金持ち」が旅行したい国ランキング 日本は第2位にランクイン!

2019年3月16日、ビジネスインサイダー紙が富裕層向け旅行会社「オリジナル・トラベル」と協力し調査した、2019年に数多くのビリオネアが訪れる国のTOP15を発表しました。

本ランキングで、日本は第2位にランクインしており、富裕層の訪日旅行への関心の高まりが伺える結果となっています。今回は、日本がビリオネアの旅行先として注目されている理由やポイントをふまえ、今ビリオネアに人気の訪日旅行先と、インバウンドの超富裕層誘致で今後期待される効果について見ていきましょう。


世界中のビリオネアが注目する旅先TOP15

超富裕層と言われるビリオネアたちの間で、数か月に及ぶ長期旅行の人気が高まりつつあります。燃え尽きた後の充電期間としての旅行や家族旅行、学びを目的とした旅行など、目的はさまざまです。超富裕層による旅行ブームの到来から、ビジネスインサイダーは「オリジナル・トラベル社」と協力し、予約数と実際のパフォーマンス評価に基づいた"2019年に富裕層が数多く訪れる旅行先TOP15"を調査しました。ランキング上位から紹介します。

  1. エジプト
  2. 日本
  3. アイスランド
  4. コロンビア
  5. ブータン
  6. ルワンダ
  7. ミャンマー
  8. セーシェル
  9. トルコ
  10. チリ
  11. インド
  12. イギリス
  13. フランス
  14. オマーン
  15. モンテネグロ

次に、日本が第2位にランクインした背景や超富裕層が注目したポイントについて見ていきましょう。

富裕層の訪日客の間で豪華列車「クルーズトレイン」が話題

日本には、スノーモンキーとして有名となった温泉に浸かる猿が見られるスポットから長野でのスキーまで、数々の富裕層を魅了する観光スポットが点在していると、オリジナルトラベル社で紹介されています。

近年新たに登場している日本の豪華列車・クルーズトレインも、日本がランクインした理由の1つです。JR東日本は「TRAIN SUITE 四季島」、JR西日本は「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」、JR九州は「ななつ星in九州」を運行しています。"走る高級ホテル"とも言われるJR各社が提供する豪華列車の旅は、海外の富裕層の間でも注目の観光コンテンツです。

いずれの旅行商品も数十万円と高額となりますが、乗車中のラグジュアリー体験はもちろん、通常自力でのアクセスが難しいような日本各地の地域も訪れ、地域独自の魅力に触れられる貴重な機会も、人気の理由の1つとなっています。

ビリオネアに今注目されている訪日旅行先・ニセコ

北海道のニセコは、世界中から注目されている「シャンパン・パウダー・スノー」が魅力の高級スキーリゾートとして、近年ビリオネアたちの間で話題となっています。スキーだけでなく、新鮮な寿司や温泉が体験できる点がニセコの大きな魅力です。

ニセコは4つのリゾートで構成されており、家族連れをはじめ幅広い客層に対応した宿泊施設が揃っています。1泊約19万円のプライベートシャレー「グラスハウス」をはじめとする別荘タイプの高級宿泊施設も、ニセコの超富裕層たちを魅了するコンテンツの1つです。

直近2年間で、パークハイアットやリッツカールトンなど、世界的に有名な高級ホテルチェーンのオープンも予定されています。日本で最も雪が多い地域の1つとして、ウィンタースポーツの名所とされるニセコは、高級ホテルチェーンからの注目も集まっているリゾート地に成長したと言えるでしょう。

北海道ニセコが10万人以上の訪日客誘致に成功した2つの理由とは?ポイントは「外国人目線のおもてなし」と「観光協会の構造改革」:有名DMOから

訪日外国人観光客の地方誘致は地方創生の切り札として近年注目されています。国内の観光協会や自治体・DMOなどは観光地の知名度向上を目的とした海外PRやインバウンド対策を実施しています。インバウンド対策といっても外国語対応からインバウンド向け決済手段の拡充、インフルエンサーの活用、SNSの活用など多岐にわたりますが、インバウンド誘致に成功している地域ではどのような取り組みを行っているのでしょうか。 スキー・スノーボードなどのウィンタースポーツを満喫できるリゾート地として有名な北海道ニセコ町の事...


まとめ:インバウンドの超富裕層誘客で地方創生の促進へ

超富裕層の旅行ブーム到来と日本への注目度の上昇を受け、超富裕層のインバウンド誘客から地方創生へ繋げていく動きに期待が高まります。長期旅行が特徴の超富裕層の訪日外国人観光客をクルーズトレインなどで地方へ誘客し、高級リゾートで地域ならではの体験を提供するといった取り組みが、今後さらに活発化していくでしょう。


<参考>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!