カナダで人気のSNSランキング1位はやっぱり「Facebook」ソーシャル活用したインバウンド集客・プロモーション事例とは

カナダで人気のSNSランキング1位はやっぱり「Facebook」ソーシャル活用したインバウンド集客・プロモーション事例とは

2018年訪日外国人数において、訪日カナダ人は前年比8.2%増の330,500人を記録しました。カナダでは、日本食やアニメなど日本の文化や流行が認知されつつあり、訪日カナダ人への積極的なプロモーションを行えば、引き続き訪日外国人数の増加が期待できます。

今回は、カナダのSNS(ソーシャルメディア)利用率や利用状況をはじめ、プロモーション施策などについて紹介します。


カナダのインターネット事情・利用状況とは

日本のインバウンドにおいて、カナダはまだこれから開拓の余地がある市場です。

海外にいるターゲットにプロモーションするには、やはりインターネットが有効です。まずはカナダのインターネット利用状況を把握しましょう。

カナダ人の91%がインターネットを利用

▲[カナダのインターネット利用状況]:Digital 2019より引用
▲[カナダのインターネット利用状況]:Digital 2019より引用

「Digital 2019」の統計によると、まずカナダのインターネット利用状況で把握すべき点は、ネットユーザー率の高さです。カナダ人のインターネット利用者率は、全人口の91%(約3384万人)でした。日本のネットユーザーが94%なので、利用状況は非常に近いといえます。

また、SNSの利用者率は67%にのぼりました。人数でいうと、カナダでは2500万人がSNSを利用していることになります。

このことから、カナダへのプロモーションではインターネットやSNSを利用するのが効果的であることがわかります。

カナダで人気のSNSランキング

インターネットユーザーおよびSNS利用者率が非常に高いカナダでは、実際にどのSNSに人気があるか「Digital 2019」の統計をもとに、ランキング形式で見ていきましょう。

1. Facebook

▲[カナダで最も利用されているSNS]:Digital 2019より引用
▲[カナダで最も利用されているSNS]:Digital 2019より引用

「Digital 2019」の統計によると、SNSでトップはYoutubeが84%、僅差でFacebookが80%となりました。Youtubeは動画共有がメインとなるサイトですが、Facebookは動画だけでなく写真やテキストの投稿など、交流や情報収集ツールとしても利用できる人気の高いSNSとなっています。

統計サイトのstatistaでは、Facebookの利用者数は2018年下半期後期時点で23億人を突破しており、SNSとしては世界最多といわれています。

また、カナダのインターネットユーザーの8割がFacebookを利用しており、うち6割はメッセンジャー機能であるFBメッセンジャーを利用しています。Facebookはカナダ人にとってメインツールであり、その利用状況の高さがうかがえます。

2. Instagram

Facebookに次いで人気なのはInstagramで、カナダのインターネットユーザーの48%が利用しています。

Instagramといえば、日本でも2500万人が利用し、「インスタ映え」という言葉が2017年の新語・流行語大賞年間大賞に選ばれるなど、若年層を中心に人気の高いSNSとして知られています。Instagramの特徴は、写真やストーリー、ライブ配信などで独自の世界観を出すことや、ハッシュタグで共通のユーザー投稿を発見できる点にあります。

また、プロモーション手法の一つとして、Instagram上で多くのフォロワーを得て高い宣伝効果を持つ「インスタグラマー」を用いたSNSマーケティングもポピュラーになってきています。

3. Twitter

カナダでは、FacebookやInstagramに次いでTwitterが人気です。

Twitterは全角140文字以内でメッセージや画像、動画、URLを投稿し、リアルタイムで近況を発信するコミュニケーションツールです。カナダのインターネットユーザーのうち37%が利用しています。

Twitter Q3 2018 Shareholder Letterによると、Twitterの利用者数は2018年下半期後期時点で3億3,500万人にのぼり、世界共通で人気の高いSNSの一つであることがわかります。

事例:Facebookを活用したプロモーション・集客

カナダでも利用者数8割を超える人気の高いFacebookですが、SNS業界・業種にかかわらずさまざまな企業がFacebookを活用してプロモーションを行っています。ここでは、レストラン・カフェのプロモーション事例を紹介します。

アキバフクロウ


[アキバフクロウ Facebookトップページ ]

「アキバフクロウ」は、2014年8月8日にオープンし、TripAdvisorの「外国人に人気の日本の体験・ツアー ランキング 2018」で第2位にランクインした、フクロウに会えるカフェです。

「アキバフクロウ」は、Facebookアカウントを4カ国語で運用しています。投稿されたフクロウの写真には英語や中国語など訪日外国人からのコメントもついており、しっかり訴求できているのがわかります。

ヤキニクバル 韓の台所 カドチカ店

▲[ヤキニクバル 韓の台所 カドチカ店 で検索した結果]:FacebookWEBページより引用
▲[ヤキニクバル 韓の台所 カドチカ店 で検索した結果]:FacebookWEBページより引用

「ヤキニクバル 韓の台所 カドチカ店」は、トリップアドバイザーの「外国人に人気の日本のレストラン ランキング2018」1位の実績を誇ります。

店内のさまざまな箇所に、Facebookページにいいねや口コミでお得なキャンペーンがあるなど、口コミにつながる施策を行っています。また、来店時にも丁寧な接客をすることで、Facebookページのいいねや口コミに繋げることも心がけています。

レストラン・カフェのSNS・ソーシャル活用に関するインバウンド対策事例集

レストラン・カフェはどうやってSNS・ソーシャルをインバウンド集客やインバウンド対策に活用すべきなのでしょうか?「口コミを生み出す!アキバフクロウが実践しているSNS・ソーシャル活用事例」など、各社・各団体の先行事例を集めてみました。

まとめ:カナダのSNSを利用して効果的なマーケティングを

今回は、カナダのSNS利用率や利用状況、プロモーション施策などについて紹介しました。

カナダは、インターネットユーザーは9割、うちSNSの利用率は約6割に及びます。カナダではFacebookやInstagram、Twitterが人気の高いSNSとして挙げられますが、SNSマーケティングにおいては、SNSそれぞれの特性を理解して活用することが重要となります。成功事例を参考に、効果的なマーケティングに繋げましょう。


<参照>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!