経済効果は46億円!前年比8億円増!!宮城県のインバウンド誘致に向けた取り組みとは

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

「訪日ラボ」の最新インバウンドノウハウが配信されるメルマガに登録する

平成30年度の活動報告

一般社団法人宮城インバウンドDMOは4月23日、平成30年度における活動報告の中で、南宮城地域のインバウンド誘客経済効果46億円、前年比8億円増を実現したと発表しました。

宮城インバウンドDMO・活動報告

宮城インバウンドDMO・活動報告

宿泊数の対前年比121%

同団体は、観光庁公認の日本版DMO法人。宮城県南の13自治体で構成される宮城インバウンドDMO推進協議会と協働し、宮城県南への外国人観光客誘致を推進しています。

対面やWEBを用いたマーケティング、メディア広告、台湾・タイをターゲットにした営業活動などを始め、セミナーや研修、環境整備や人材育成などに取り組んでいます。

これらの取り組みの成果として、同団体が直接誘客したインバウンド入込数は対前年比126%、宿泊数は3,455人で対前年比121%となっています。訪日外国人による旅行消費額は、前年比約8億円増という結果となりました。

温泉を始め、新たな観光創出へ

マーケティングによるコンテンツやプロモーションの配信などに力を入れ、今では各地の温泉を筆頭に、白石市の蔵王キツネ村、岩沼市の竹駒神社・金蛇水神社、山元町のいちご狩りなどが新たな観光要素としてその価値を高めています。

同団体ではさらなるインバウンドの推進、それに関わる雇用創出による地域の活性を目指すと述べています。

(画像はプレスリリースより)

訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバウンドプロモーションを資料で詳しくみてみる

「インバウンド動画プロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インフルエンサープロモーション」を資料で詳しくみてみる

「SNSプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドメディア」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

宮城インバウンドDMOのプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/

宮城インバウンドDMOの公式ホームページ
https://miyagidmo.org/

訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介

インバウンド市場の最新動向がわかる訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介します。

2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

昨年12月、JTBが2024年の旅行動向見通しを発表し、 訪日外国人旅行者がコロナ前の2019年を上回る過去最多の3,310万人に達するとの予測を立てました。

インバウンド市場が回復の動きを見せる中、訪日外国人を集客するために、どのような対策をすべきかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで本セミナーでは、訪日外国人の集客支援を行う2社にて、 2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション成功のポイントを独自の視点から紐解いていきます。

【訪日外国人の行動データと口コミデータで紐解く】2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに