データから分かるインバウンドの特徴と傾向・岩手県八幡平市の事例

データから分かるインバウンドの特徴と傾向・岩手県八幡平市の事例

インバウンド支援Vpon JAPANのデータ活用

Vpon JAPAN株式会社は5月13日、岩手県八幡平(はちまんたい)市を訪れたアジア旅行者データから、地域や季節ごとの動向、訪日客の傾向・特徴などを分析しています。

岩手県八幡平市のデータ分析

岩手県八幡平市のデータ分析

データ分析で課題の抽出と対策に取り組む

岩手県の八幡平市は青森県・秋田県に接しており、交通の利便性や観光資源を保有する地域ですが、旅行者が秋冬のみに集中し、他の季節での集客が課題となっています。

そこで同地域訪日客の動向や傾向などを分析し、株式会社八幡平DMOに提供。春・夏向けの情報発信やプロモーションに活用されます。

ターゲットはリピートの多い台湾と香港

分析によると、八幡平市を訪れる訪日客は滞在中、同時に宮城県仙台市、千葉県成田市、岩手県盛岡市などの地域を訪れており、交通の利便性がポイントになると指摘。

またアジア旅行者は、おもに台湾と香港の訪日リピーターと出ています。

台湾人は、過去に10回以上日本を訪れ、Instagramに紅葉などの景色をアップしている旅行好きの20代女性、カメラや山登りなどのアクティビティを楽しむ30代男性などが見受けられます。

香港人は、雪と温泉を5回以上楽しんでいる資産家の家族、ネットリテラシーの高い独身男性などが挙げられています。

(画像はプレスリリースより)

訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバウンドプロモーションを資料で詳しくみてみる

「インバウンド動画プロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インフルエンサープロモーション」を資料で詳しくみてみる

「SNSプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドメディア」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

Vpon JAPAN株式会社のプレスリリース
https://www.vpon.com/jp/about/news/52

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部がセレクトした、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。