2018年の東海3県が台風の影響で5割の施設が集客減少

東海3県・集客実態調査

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社は、5月10日に2018年度の「東海3県主要集客施設・集客実態調査」の結果を発表。前年比や傾向、来訪者についても報告しています。

▲[東海3県主要集客施設・集客実態調査]:三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社より引用
▲[東海3県主要集客施設・集客実態調査]:三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社より引用

ナガシマリゾートが13年連続1位

同社は、愛知県・岐阜県・三重県における、テーマパークや商業施設などの集客状況の調査を毎年4月に行っています。今年は75施設からの回答を集計し、集客数などから分析を行っています。

1位は「ナガシマリゾート」で集客数は1,550万人。13年連続で首位を維持しています。2位は「刈谷ハイウェイオアシス」で約848万人、3位は「中部国際空港セントレア」で約748万人でした。

外国人の来訪者は順調に増加

外国人旅行者は、前年より増加しており、21施設が「外国人の団体客が増加」と回答、24施設が「個人旅行者が増加」と回答しています。最も多い来訪者の国籍を聞いたところ、中国人が57.5%、台湾人12.9%、香港人・韓国人が7.5%となっています。

集客数の対前年度比は、74施設中51.4%に当たる38施設で減少。2018年の東海3県においては、猛暑や台風で屋外イベント施設などが影響を受けました。

集客については、SNSや口コミで成果が出ているという報告があり、今後の対策として効果が期待できると推測しています。

(画像はプレスリリースより)

訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバウンドプロモーションを資料で詳しくみてみる

「インバウンド動画プロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インフルエンサープロモーション」を資料で詳しくみてみる

「SNSプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドメディア」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

三菱UFJリサーチ&コンサルティングのプレスリリース
https://www.murc.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。