「Okage」×「QR×DRIVE」QR決済による「テーブル会計」を実現

「Okage」×「QR×DRIVE」QR決済による「テーブル会計」を実現

インバウンド対応の課題を解決

TIS株式会社は、5月16日、「Okage株式会社」と資本業務提携したことを発表しました。

近年、増加するインバウンドニーズのひとつに、「キャッシュレス化」が挙げられます。しかし、飲食業界では様々なQR決済方法に対応できない、インバウンドに対応する人手が足りない等、課題も多いのが現状です。

「Okage」×「QR×DRIVE」
▲「Okage」×「QR×DRIVE」

飲食店側とインバウンド旅行客側の双方にメリット

今回の提携で、両社はまず「“テーブル会計”などの事前決済ビジネスの展開」を図ることになりました。

具体的にいうと、TIS株式会社は様々なQR決済規格を可能にするゲートウェイサービス「QR×DRIVE」を提供します。一方、Okage株式会社は、紙のメニューイメージをそのまま簡単に注文アプリ化する「オーダーブック(特許取得済み)」を提供します。

双方のサービスを融合させることにより、飲食店を訪れたインバウンド旅行客は、注文から決済までを会計レジに行くことなく、QR決済サービス機能付きのテーブル会計で決済を完了させることができます。また、飲食店側は、効率の良いオペレーションが可能となりますので、業務効率化を図ることができます。

今後両社は「決済情報とオーダー情報の分析と利活用」「異なるQR決済ブランド間の割り勘決済などの新サービス『OkageワリカンPay(仮称)』の開発」等を、共同で展開する予定です。高度なマーケティングの実現や、より良いサービスの提供に努める考えです。

(画像はプレスリリースより)

顧客満足度を上げる!飲食店にオススメのインバウンド対策を資料で詳しくみてみる

「飲食店予約サイト」を資料で詳しくみてみる

「飲食店予約管理システム」を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

TIS株式会社 プレスリリース
https://www.tis.co.jp

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部がセレクトした、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。