オーストラリアのSNS利用状況 | 利用率は日本に近い・訪日旅行の傾向・Facebookを通じた情報発信事例2選

公開日:2019年05月30日

2018年の訪日オーストラリア人数は、前年比11.6%増の552,400人にのぼり、過去最高を記録しました。日本のインバウンド市場においても、視野にいれるべきターゲット層になりつつあります。今回の記事では、オーストラリアにおける、ソーシャルメディアの利用状況や、若者・シニアの利用率などについて解説します。


オーストラリアのインターネット事情・利用状況

日本のインバウンド市場において、オーストラリアはこれから開拓の余地がある国といえます。まずは、オーストラリアのインターネット事情や利用状況について、みてみましょう。

オーストラリア人の87%がインターネットを利用

「Digital 2019」の統計によると、オーストラリア人のインターネット利用率は87%(約2100万人)となっています。

世界の平均値は57%であることから、ネットの利用率は世界的には高い状況といえます。

一方で、SNS利用率は64%に留まり、インターネット利用者が多い割にはまだそこまで広まっていないようです。

また、携帯電話の所持率は130%で、一人一台以上を所有していることがわかります。オーストラリアでは携帯電話がかなり普及しているようです。

▲[「Digital 2019」 オーストラリアのインターネット利用状況]:Digital 2019より引用
▲[「Digital 2019」 オーストラリアのインターネット利用状況]:Digital 2019より引用

日本のインターネット・SNS普及率と比較

オーストラリアの状況を想像しやすくするために、日本のインターネット利用状況を確認してみます。

日本のインターネットの普及率は、94%とオーストラリアに比べて高い割合となっています。

一方で、SNSの利用率は61%に留まり、64%のオーストラリアの数値をさらに下回る結果となっています。オーストラリアでのSNS利用者は全体から見ると高い割合ではありませんが、状況としては日本と似たようなものであることがわかります。

▲[「Digital 2019」 日本のインターネット利用状況]:Digital 2019より引用
▲[「Digital 2019」 日本のインターネット利用状況]:Digital 2019より引用

オーストラリアで人気のSNS、SNSユーザーの年代別構成比

オーストラリアではどのようなSNSが人気なのでしょうか。 

Facebookが圧倒的に人気、Instagramは50%未満に

「Digital 2019」の統計によると、SNS利用率はFacebook、YouTubeが同率トップでそれぞれ79%の割合で利用されています。

メッセージングアプリのFB Messengerの利用者はネットユーザーの62%に利用されていることから、Facebookで情報収集を行いメッセンジャーで情報共有を行うことも多いと考えられます。オーストラリアにおけるFacebookのアクティブユーザー数は2,271万人であり、Facebookはオーストラリア人にとってメジャーなツールと言えます。

SNSの利用率で3番手となったInstagramは、SNSユーザーの46%に利用されています。

▲[「Digital 2019」 SNS利用状況]:Digital 2019より引用
▲[「Digital 2019」 SNS利用状況]:Digital 2019より引用

SNS利用状況は18~44歳が多い

SNS利用者の年齢別割合の調査結果もあります。一番高い割合を占めたのは25~34歳の26%、次いで35~44歳の19%、18~24歳の18%となっています。18~44歳でSNS利用者全体の約6割を占めています。 

▲[「Digital 2019」 SNS利用者のプロファイル]:Digital 2019より引用
▲[「Digital 2019」 SNS利用者のプロファイル]:Digital 2019より引用

事例:Facebookを使ったプロモーション・集客

オーストラリア人のインターネット利用率は87%(約2,100万人)であり、インターネット普及率の高い地域であると言えます。

こうしたオーストラリア人を対象とする場合どのようなインバウンドプロモーションが可能でしょうか。オーストラリア人の訪日外客数や消費、宿泊傾向と、インバウンド集客の事例を紹介します。 

オーストラリア人の訪日旅行動向

訪日オーストラリア人の人数は、2011年に一度落ち込んだものの、基本的に増加しています。2013年の訪日オーストラリア人の人数24万4,569人ですが、昨年2018年には55万2,400人まで増加しています(いずれも延べ人数)。

また、総消費額にも特徴があります。2018年の訪日オーストラリア人の総消費額は1,315億円です。1人当たり旅行支出では242,041円であり、これは全国・地域の平均153,029円と比べると非常に高いということがわかります。

またこのうち宿泊料金の占める割合が平均よりも高くなっています。平均宿泊数も13.3泊と比較的長めです。

反対に、買い物の消費は3万2,688円で訪日オーストラリア人の一人当たり消費金額の25%以下、全国平均の5万1,256円を2万円以上下回ります。

▲[国籍・地域別の訪日外国人1人当たり費目別旅行支出]出典:観光庁2018年(平成30年)の訪日外国人旅行消費額(確報)
▲[国籍・地域別の訪日外国人1人当たり費目別旅行支出]出典:観光庁2018年(平成30年)の訪日外国人旅行消費額(確報)

オーストラリアの情報収集SNS:Facebookを利用したマーケティング事例

オーストラリア人のSNS利用状況を見てみると、Facebookが人気だということがわかります。インバウンドも対象にした、日本でのFacebookを利用したマーケティング事例を紹介します。

  • 「澤の屋旅館」は、東京の下町・谷中に位置する訪日外国人に人気の宿です。公式Facebookページでは、毎日英語で投稿し、写真や動画とともに天気や地域の催しものなど周辺情報や施設の情報などを配信しています。イベントの動画配信やバラエティー豊かなコンテンツと更新頻度の高さで差別化を図っています。
  • 「お宿 山久」は、岐阜県飛騨高山にある旅館です。公式Facebookページは、日本語版と英語版の2つのFacebookページを開設、運営しています。英語版は毎日投稿し、宿泊者の写真や旅館の雰囲気が伝わりやすいコンテンツをアップし、フォロワーに宿泊のイメージを持ってもらえるように取り組んでいます。

より詳細な事例は下記の記事にて紹介しています。インバウンド事例の参考にしてみるといいでしょう。 

旅館・民宿のSNS・ソーシャル活用に関するインバウンド対策事例集

旅館・民宿はどうやってSNS・ソーシャルをインバウンド集客やインバウンド対策に活用すべきなのでしょうか?「17万人の訪日外国人観光客を受け入れてきた「澤の屋旅館」のSNS・ソーシャル活用事例」など、各社・各団体の先行事例を集めてみました。


Facebookを利用してオーストラリア人に向けた効果的なマーケティングを

過去5年間の訪日オーストラリア人旅行客数は年々増加しており、昨年はついに50万人を突破しました。渡航には8~10時間ほどを要しますが、時差がなく、東アジアの文化を色濃く残す日本は旅先としてちょうど良い場所と認識されているとも考えられます。また、ウィンタースポーツを目的とした訪日旅行が多いという特徴もあります。

オーストラリアのインターネットユーザーの利用するSNSでは、Facebookが広く使われており、情報源としても活用していると考えられます。

今回紹介した訪日オーストラリア人の旅行スタイルを踏まえた上で、SNSユーザーにニーズの高い情報を発信すれば、訪日オーストラリア人の集客効果を高めることができるでしょう。


関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!