本当は知りたい通信回線のこと:2時間の映画を5秒でダウンロードする5Gって?基礎からインバウンドに必要な対策まで解説

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

今やスマートフォンが世界的に普及し、気になることはすべてインターネットで検索する時代です。

飲食店やカフェに入店するかどうかを、無料でWi-Fiに接続できるかどうかで選ぶ人さえいます。

特に外国人観光客をターゲットにするお店では、インターネット接続の可否が重要事項となってきます。

言葉の壁や、SNSへの情報アップなど、サービスの質や宣伝効果に直結するからです。来店するお客様がいつでもインターネットに接続できるようにすることが、インバウンド対応の第一歩とも言えるでしょう。


インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

訪日外国人は通信環境に不便を感じている

観光庁が2017年に発表したデータによると、訪日外国人観光客が旅行中に困ったことのうち、2番目に多かったのが「無料公衆無線LAN環境」でした。

また、施設スタッフとのコミュニケーションについて困った場所として、初回の訪日旅行者、リピーターの両方で、飲食・小売店が最も多くの回答を得ています。

Wifiを整備し、インターネットを利用できるようにすることで、こうしたコミュニケーションの困りごとを解決できる可能性が高まります。飲食店や小売店では、無料Wi-Fi環境の整備により他店舗との差別化ができると考えられます。

また場所にかかわらず認証や利用登録の煩雑さに対する不満の声が多いため、利用者の操作時の戸惑いが起きないような、わかりやすい手順で接続可能な回線を用意する配慮が必要です。 

インターネット回線の歴史

現在多くの人が利用しているインターネットは、もともとアナログの電話回線を利用して通信していました。

2000年代に入るとパソコンを使う家庭が増え、インターネットに掲載される画像や動画が増えるに従い通信回改良も進みました。アナログからデジタルになり、現在は一度に大量のデータを高速で送れる光回線を使うのが一般的です。 

携帯電話でインターネットの情報を閲覧できるようになり、タブレットやスマートフォンが一般に利用されるようになると、家庭内でも無線LAN(Wi-Fi)通信が普及。光回線にWi-Fiルーターを接続して電波を飛ばし、どの部屋からでもコードレスにインターネットに接続できるようになりました。

携帯電話でよく聞く4Gとは?Mbps(メガビーピーエス)とは?


携帯電話回線も徐々に大容量の高速通信が可能になりました。2019年5月現在、モバイルでは主に4G回線が利用されています。それまでは3GやLTEなどが良く聞かれていましたが、これらはみんなモバイル通信の規格です。

4Gはモバイル通信の「第4世代」という意味です。「G」はGenerationの頭文字です。

4Gでは100Mbpsの通信速度を実現しており、1世代前の3Gの通信速度(14Mbps)に比べると格段に速くなっていることがわかります。

通信速度で使われる「Mbps」(メガビーピーエス)1秒間に送受信可能なデータ量を表す単位で、数値が大きいほど 通信速度が速くなります。7.2Mbpsは0.9MB/s(メガバイト毎秒)に相当し、約1MB分のデータを1秒程度で通信可能という意味になります。同じ動画を再生しても、3Gでは動きがかくかくしたり、画像が鮮明でなかったりします。

またパソコンや携帯電話からインターネット上へファイルを転送する際の通信を「上り」、インターネット上からファイルをパソコンや携帯電話に受け取る際の通信を「下り」と呼び、インターネット回線は一般的に上りと下りで通信速度が異なります。

インターネット回線を利用してウェブサイトを閲覧したり、画像やアプリをダウンロードしたり、YouTubeを見たりする時には「下り」の速度が重要になります。

今後登場予定の5Gとの違い

最近話題になりつつある5Gは、4Gの最大100倍の速度が期待できる次世代通信規格です。

4Gでは2時間の映画をダウンロードするのに5分ほどかかっていましたが、5Gであれば3秒でダウンロードできます。

さらに多数同時接続や超低遅延が実現できると言われています。自宅のエアコンや冷蔵庫などのIoT家電を接続しても通信負荷が気にならず、タイムラグも大幅に改善されるそうです。

すでにアメリカや韓国ではサービスが開始されています。日本ではNTTドコモやauといった大手モバイルキャリアが2020年のサービス開始を目指して準備を進めていることを公表しています。

お店で用意すべき通信環境とは

モバイル回線は大手キャリアの中継地点によって通信状態が不安定になるケースが多いため、店舗に光回線を敷設してWi-Fiルーターを設置することをお勧めします。この方法を採用すれば、携帯キャリアにかかわらずお客様に安定した無線LAN環境を提供できます。

ルーターには一度に接続できる端末の台数が「接続可能台数」として明記されています。接続可能台数を超えると通信速度が遅くなったり接続できない人が出てきてしまうため、ルーターを選ぶ際には必ず確認しましょう。セキュリティを考えるとルーター自体にセキュリティソフトが内蔵されているものが安心です。

当然のことながらパスワードの設定は必要不可欠です。飲食店なら各テーブルにWi-Fiの接続方法やパスワードの案内を設置したり、壁に掲示したりして接続しやすい環境を整えましょう。



<参照>

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


訪日外国人数は過去最大を見込んでいる2024年ですが、一方で誘客する企業や地域、自治体などでは今でも多くの課題に臨んでいます。

訪日ラボでも、山梨県(富士山)のオーバーツーリズム対策について、対策の重要性とそれに取り組む関係者の姿勢について取材をしてきたばかりです。

そこで今回は、地域産業や関係者を巻き込むことによって起きた地域活性化について最新のデータや情報をお届けします。

  • "巻き込み力"とは何か
  • 組織や地域で創り上げるコンテンツはどのようなメリットをもたらすのか

など、国内最大級の遊び予約サイト「アソビュー!」の専門家とともにこれからのポイントを徹底解説します!

詳しくはこちらをご覧ください。
観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


【インバウンド情報まとめ 2024年6月後編】富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年6月後半版レポートから、6月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 / 5月の訪日外国人数304万人、3か月連続で300万人超え【インバウンドまとめ 2024年6月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに