イタリアのSNS利用状況 | インターネット利用状況・SNSトップ3・Facebookインバウンドマーケティング事例を紹介

インターネット社会の現在において、ビジネスにおいて集客を目指すためにはソーシャルメディアを巧みに用いたプロモーションが不可欠です。
それは訪日外国人向けのプロモーションにおいても同様で、多くの人の目に留まるプロモーションをするには、ターゲット層の利用者数が多いソーシャルメディアを利用することが非常に重要です。
この記事では、イタリアのインターネットの利用状況、人気のSNSランキングを基に、ソーシャルメディアを利用した訪日外国人向けマーケティングの成功事例を紹介していきます。 


イタリアのインターネット事情・利用状況

インターネットを利用したプロモーションが有効かどうかを見極めるためには、イタリアにおけるインターネットの利用比率や、SNS利用比率についての理解が役に立ちます。

まずはじめに、イタリアにおけるインターネットの利用状況について紹介します。 

イタリア人の92%がインターネットを利用

▲[イタリアにおけるインターネット利用状況]:Digital2019
▲[イタリアにおけるインターネット利用状況]:Digital2019

「Digital2019」の報告によればイタリア人の92%がインターネットを利用していることがわかります。

イタリアではインターネットユーザーの割合は92%となっています。欧州諸国のインターネット利用率の平均は90.1%であり、インターネットを利用したプロモーションはイタリアをはじめとした欧州諸国に対するマーケティングとして効果的であると言えるでしょう。

インターネット利用者は18~54歳が多い

▲[イタリアにおけるソーシャルメディアの世代別利用者割合]:Digital2019
▲[イタリアにおけるソーシャルメディアの世代別利用者割合]:Digital2019

また上の表は、イタリアにおけるインターネット利用者の割合を世代別にまとめたもので、男女ともに25~34歳が最も多いという結果が出ているものの、18~54歳という比較的広い世代において一定のインターネット利用者がいることがわかります。

イタリアでインターネットサービスを利用したマーケティングは、幅広い年代をターゲットとして設定できると言えるでしょう。

イタリアで人気のSNSランキング

ソーシャルメディアを用いたプロモーションでは、利用者数の多いSNSを利用することで、より効果的なマーケティングを行うことができます。続いてはイタリアで人気のSNSについてランキング形式で紹介していきます。 

1. YouTubeが一番人気

▲[イタリアにおけるSNS利用者数ランキング]:Digital2019
▲[イタリアにおけるSNS利用者数ランキング]:Digital2019
動画共有サイトであるYouTubeが最も人気なSNSとなっています。

インターネットユーザーの87%が利用しており、情報収集や娯楽のためにコンテンツを視聴、配信していると考えられます。

2. Facebook

▲[イタリアにおける主要SNSの利用者数]:Digital2019
▲[イタリアにおける主要SNSの利用者数]:Digital2019
イタリアでYoutubeの次に利用者の多いSNSがFacebookです。
統計情報を提供するドイツのポータルサイトstatistaによると、Facebookは2018年下半期時点で世界最多である23億人の利用者を有するSNSです。イタリアでもFacebookには約3,100万人のアクティブユーザーが存在すると報告されています。 

FacebookにはFB Messengerというサービスもあり、イタリアではインターネットユーザーの半数以上がこれを使っているようです。ただし同じメッセージングアプリのWhatsAppは84%もの利用率です。Facebookは友人の投稿の確認や自分でコンテンツをアップするのに利用されている一方で、プライベートのメッセージのやりとりには使われていないとも考えらえます。

3. Instagram

3位のInstagramのインターネットユーザーにおける普及率は55%です。YouTubeやFacebookと比べるとあまり多くはないようです。

訪日イタリア人観光客数は昨年比19.3%増の約15万人、注目すべき消費意欲

昨年2018年の訪日イタリア人観光客の数は149,273人で、昨年比19.3%の増加でした。2015年に初めて10万人を超えています。

2018年の訪日イタリア人観光客一人あたりの旅行支出額は約22万3,000円で、全国籍と比較しても高くなっています。また、前年比でも16.8%増と群を抜いて高くなっています。

イタリア人のインバウンド市場における消費意欲はとても高く、また高まっていると言えるでしょう。こうしたイタリア人の消費意欲を満たすような体験や商品を準備することが、今後のインバウンド市場に求められています。

以下では、イタリアにおいても多くの利用者数を誇るFacebookを用いたマーケティングについて、実際の事例を基に紹介していきます。 

Facebookを利用したインバウンド向けマーケティング事例

大分県の湯布院町にある旅館の山城屋では、訪日外国人を対象としたFacebookページの運営を行っています。

[湯平温泉「山城屋」]:公式Facebookページ
[湯平温泉「山城屋」]:公式Facebookページ
山城屋では、旅館周辺のレジャー情報や、旅館内で行う外国人向けのイベントなどをFacebookで積極的に発信しているだけでなく、ターゲットに合わせたプロモーションが特徴です。日本人に届けたい情報と、訪日外国人に届けたい情報についてそれぞれ言語だけでなく内容も分けて、コンテンツを作り投稿しています。

Facebookのメッセージ機能も活用して問い合わせに回答もしています。外国語での問い合わせにも即座に対応できるよう、受け答えの回答集を作成し、迅速かつ丁寧な対応を心がけています

他にもFacebookを用いたプロモーションが行われています。以下の記事を参考にしてください。

旅館・民宿のSNS・ソーシャル活用に関するインバウンド対策事例集

旅館・民宿はどうやってSNS・ソーシャルをインバウンド集客やインバウンド対策に活用すべきなのでしょうか?「17万人の訪日外国人観光客を受け入れてきた「澤の屋旅館」のSNS・ソーシャル活用事例」など、各社・各団体の先行事例を集めてみました。

Facebookを利用してイタリアに向けた効果的なマーケティングを
今回の記事では、イタリアにおけるインターネット事情、ソーシャルメディアの利用状況、人気のSNSから、実例を基にしたプロモーション事例までを紹介しました。

訪日外国人向けのプロモーションでは、ターゲット層の利用者数が多いSNSを利用して、成功事例を参考に効果的なマーケティングを行うことを心がけましょう。


関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!