越境ECやインバウンド需要が好調な企業は要注意!中国商標に関する手引書が誕生

越境ECやインバウンド需要が好調な企業は要注意!中国商標に関する手引書が誕生

中国の悪意商標会社への対策を万全に

株式会社ワールドワイドアイピーコンサルティングジャパン(以下、WWIP)は、6月7日、中国商標について、具体的な申請方法や悪意ある業者への対策などを盛り込んだ手引書を作成したことを発表しました。

中国商標に関する手引書

中国商標に関する手引書

商標だけは押さえておくべき

中国では、知らないうちに日本の企業名や商品名の商標を取得する業者がいます。

後に日本企業が中国でビジネスを展開しようとした際、その業者は、その企業に対して、商標を高値で売りつけてくるといったケースがあり、日本企業はその事実に驚かされます。

WWIPは、日本企業が直面する問題を解決するため、今回リリースした手引書に、中国商標の出願から登録までの流れや、類似商標チェック、悪意商標のモニタリングサービス等について掲載しました。

なお、WWIPを通じて、中国で商標申請する場合の費用は、1商標1分類8万円です。また、登録できる可能性が低い申請については、成功報酬型を採用。申請時に5万円、登録が成功した際には、成功報酬として追加で5万円といったプランも用意しました。

WWIPの商標関連サービスは、仲介業者を挟みません。中国をはじめとするアジア各国の現地商標申請会社と直接提携することで、迅速かつ安価な費用のサービス提供を実現しています。これから、中国等でビジネス展開を図る企業には、WWIPの商標サービスをぜひ、活用してもらいたい考えです。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド対策なにから始めたら良いかわからない?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドコンサル」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンド研修」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

WWIP プレスリリース(ドリームニュース)
https://www.dreamnews.jp/press/0000195878/

WWIP ホームページ
http://wwip.co.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。