北海道の大雪カムイミンタラ観光園「冬の観光施策」は?

公開日:2019年06月14日

訪日客の行動から分かる地域の施策

Vpon JAPAN株式会社は6月11日、北海道の大雪(たいせつ)カムイミンタラ観光園を訪れた外国人旅行者の動向分析を行っています。人物像や傾向が明らかになりました。

Vpon JAPANの動向分析

Vpon JAPANの動向分析

寒冷のイメージから、冬期観光に課題

北海道旭川市、上川町、東川町、鷹栖町、東神楽町、当麻町、比布町、愛別町を含む地域は大雪カムイミンタラ観光圏と呼ばれ、観光資源にも恵まれていますが、冬期シーズンの観光が課題となっています。

そこで、インバウンド施策につなげる目的で同社がビッグデータをもとに分析を行いました。

同地域を訪れる旅行者は、本州の主要都市や空港と札幌市、千歳市(新千歳空港)、富良野市などとの相関性が見られ、他の都市を平行して訪問していることが分かります。

ビッグデータで分かる外国人像

人物像を見ていくと、台湾人は都市部から、興味関心では教育カテゴリーが突出しており、教育熱心な母親がイメージされます。香港人は都心に住む男性ビジネスマン、金融カテゴリーの興味関心が高い傾向にあります。

中国人は、お土産のほかにインテリアや生活用品の購入も多く、ショッピングを楽しむ30代が想定されます。

これらを踏まえ、スノーリゾートに集客できる観光企画やプロモーション施策が考えられると報告しています。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

Vpon JAPAN株式会社のプレスリリース
https://www.vpon.com/jp/about/news/56

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。