JNTO、ロンドンの旅行博でVJブースを出展

30,000人ほどの来場者 情報提供の貴重な機会に

日本政府観光局(以下、JNTO)が、「The Telegraph Ski and Snowboard Festival London 2019」に、ビジット・ジャパン(VJ)ブースを出展すると、6月21日に発表しました。

同旅行博は10月24日から10月27日にかけ、イギリス・ロンドンのBattersea Parkを会場として開催されるもので、30,000人ほどの来場者も見込まれることから、日本のスキー&スノーボード旅行・スノーリゾート施設の情報提供ができる貴重な機会となります。

「The Telegraph Ski and Snowboard Festival London 2019」

「The Telegraph Ski and Snowboard Festival London 2019」

旅行会社や宿泊施設など、共同出展者全5団体を募集

JNTOは、VJブースにおいて共同出展する旅行会社や宿泊施設、地方自治体など、全5団体を募集。1ブース2名、参加費用は1ブースあたり50,000円となります。

初日の午後には現地旅行会社やジャーナリストらを集め、小規模なセミナーの開催も予定で、希望をすればプレゼンテーションも可能。また、東北コーナーを設け、昨年に続き、東北地域のPRも行っていく予定です。

(画像はJNTO ホームページより)

まずは知ってもらう!旅マエに有効なインバウンド集客を資料で詳しくみてみる

「インバウンド動画プロモーション」を資料で詳しくみてみる

「SNSを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インフルエンサーマーケティング」を資料で詳しくみてみる

「広告プロモーション」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

JNTO プレスリリース
https://www.jnto.go.jp/jpn/news/20190621_3.pdf

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。