JNTOがマレーシア旅行博へのブース&資料出展する団体を募集

公開日:2019年07月02日

ジャパンパビリオンの出展が決定 共同出展者を募集

日本政府観光局(以下、JNTO)が「MATTA Fair Kuala Lumpur 2019」へジャパンパビリオンの出展をすることに合わせ、ブース及び資料出展団体の募集をしていると、6月28日に発表しました。

JNTOは、9月6日から8日にかけてクアラルンプールで開催される旅行博「MATTA Fair Kuala Lumpur 2019」に、ビジット・ジャパン(VJ)事業の一環として、ジャパンパビリオンを出展します。そこで、共同でブース及び資料出典を行う団体を7月10日17時(日本時間)まで募集します。

来場者数は増加傾向に、出展費用は190,000円

「MATTA Fair Kuala Lumpur」の来場者数は、2018年9月開催時に93,000人、2019年3月は113,000人と増加傾向にあり、訪日促進などに向けて大きなアプローチがかけられます。

1ブースあたり190,000円で出展が可能で、荷物搬送費や現地への渡航費、宿泊費などは各自別途負担です。

専用の申し込みフォームに必要事項を記入して「ビジット・ジャパン事務局 担当 入江/又吉」までメール送信することで、申し込みができます。

(画像はプレスリリースより)

まずは知ってもらう!旅マエに有効なインバウンド集客を資料で詳しくみてみる

「インバウンド動画プロモーション」を資料で詳しくみてみる

「SNSを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インフルエンサーマーケティング」を資料で詳しくみてみる

「広告プロモーション」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

JNTO プレスリリース
https://www.jnto.go.jp/jpn/news/20190628_3.pdf

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。