リーガルシューズ6店舗「POCKETALK(R)W」導入

リーガルシューズ6店舗「POCKETALK(R)W」導入

リーガルシューズ銀座数寄屋橋店はじめ6店舗で導入

株式会社ソースネクストは7月5日、同社が開発・販売を手掛けるAI翻訳機「POCKETALK(R)W」が、株式会社リーガルリテールが運営するリーガルシューズ銀座数寄屋橋店はじめ6店舗で導入されると発表しました。

リーガルリテール運営店舗では、日本製の高品質な靴を求めて来店する訪日外国人客が増加しており、彼らに対する接客サービスの拡充のため、リーガルリテールは「POCKETALK(R)W」を決定しました。

「POCKETALK(R)W」は、ユーザーがボタンを押しながら話しかけるだけで、まるで通訳を介しているように外国人と対話ができるAI翻訳機です。現在、世界74言語に対応しています。

「POCKETALK(R)W」

「POCKETALK(R)W」

日本製の靴の「品質の良さ」に満足

観光庁発表の2018年「訪日外国人の消費動向調査」では、訪日外国人が日本滞在中に最も満足した購入商品について調べています。

それによると、第1位は「菓子類」(20.0%)、第2位は「その他買い物代」(14.1%)、第3位は「化粧品・香水」(13.7%)となっています。

第7位には「靴・かばん・革製品」(7.1%)がランクインしており、その理由として「品質が良い」(53.7%)、「デザインが良い、かわいい」(44.2%)などが挙がりました。訪日外国人は、日本製の靴・かばん・革製品の品質・デザインの良さに満足しており、多言語対応により今後さらなる売上の拡大も期待できます。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社ソースネクスト プレスリリース
https://sourcenext.co.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。