鳥取県、米子ソウル/米子香港国際定期便 6月利用は微増!円高等が要因に

鳥取県、米子ソウル/米子香港国際定期便 6月利用は微増!円高等が要因に

対前年同月比、インバウンド数は増加

鳥取県は、7月5日、米子ソウル国際航空定期便、ならびに米子香港国際航空定期便による2019年6月の利用実績を発表しました。

国際航空定期便の2019年6月利用実績

国際航空定期便の2019年6月利用実績

メディアを通じて県の魅力をPR

エアソウル米子支店によれば、訪日韓国人観光客の搭乗者数は、対前年同月比103.6%、4,675人の利用にとどまりました。この要因は、円高による旅行料金の高騰が考えられます。

一方、香港航空大阪支店によれば、外国人利用者数は、5月と比較して518人増加。前年同月実績比では、695人増の2,732人でした。

香港では、香港から中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正を巡るデモが発生。この影響により、インバウンドの旅行キャンセルなども見受けられました。

県では今後、韓国で放映されている日本専門テレビチャンネル「チャンネルJ」を通じ、県内観光地を紹介する旅行番組を7月末から8回シリーズで放送します。また8月には、鳥取しゃんしゃん祭り特集を専門雑誌に掲載する予定です。

さらに香港では、人気旅行ガイドブック2誌に県の記事を掲載し、7月中旬に開催される国際書籍見本市「BOOK FAIR」では県の情報を発信します。

8月には香港から旅行雑誌社を招請することが決定しています。「しゃんしゃん祭り」「大山お盆の大献灯」等、この時期ならではのイベントを雑誌やSNSを通じて発信するほか、人気ユーチューバーを招いて、親子でのレンタカー旅に関する動画配信を実施する計画です。

(画像は写真ACより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

鳥取県 プレスリリース
http://db.pref.tottori.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部がセレクトした、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。