6月の訪日外客数伸率ナンバーワンのフィリピン、公用語「タガログ語」で目指せリピーター拡大!

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

2014年に人口1億人を突破し、これからの経済成長が期待されているのが、フィリピンです。 近年の英語留学の流行により、その知名度も向上しています。

キリスト教徒が90%を超えるアジアでも有数のキリスト教国であり、主要高等教育の一つの看護・福祉教育分野の優秀な人材は、日本政府が指定する特定技能外国人としてビザの発給が行われています。

旅行者としてのフィリピン人はというと、昨年2018年には初めて50万人を突破しただけでなく、観光庁の発表した2019年6月の訪日外客数においても前年同月比25.7%もの大きな伸率を記録しており、今後重要な市場となっていきそうです。

フィリピンはアジアの中でも流暢な英語を話すことで有名で、フィリピン人とのコミュニケーションは現地語を使わなくても比較的容易に取ることができます。英語と同じく、フィリピンの公用語となっているのがタガログ語(タガル語)です。

この記事は、今後訪日旅行客の増加が予想されるフィリピン人とのコミュニケーションに役立つ、簡単なタガログ語について紹介します。

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

フィリピン人との会話ですぐに使えるタガログ語表現

タガログ語でコミュニケーションが取れる日本人は、恐らく多くありません。宿泊施設や店頭での接客で披露することで、施設に対する良いイメージを醸成することができるでしょう。

基礎(挨拶)

  1. Hi/ Hello ハロー(こんにちは)
  2. Kumusta ka? クムスタ カ(お元気ですか?)
  3. Magandang umaga マガンダン ウマーガ(おはようございます)
  4. Magandang hapon! / Magandang araw マガンダン ハーポン/マガンダン アラウ(こんにちは)
  5. Magandang gabi マガンダン ガビ(こんばんは)
  6. Paalam na パアラム ナ(さようなら)

応用(自己紹介)

  1. Ang pangalan ko ay *** アッパン ガーランコ アイ(私の名前は、***です)
  2. Ano pong pangalan ninyo? アノポン パンガーラニーニョ(あなたのお名前はなんですか?)
  3. Hapon / Haponesa ako ハポン/ ハポネーザ アコ(私は日本人です。男性/ 女性)

相槌と質問への返事 

会話の中でよく使われる相槌や返答のフレーズも、メモを手元におけば難しくありません。

  1. Salamat Po サラマッポ(ありがとう)
  2. Walang anuman ワラン アヌマン(どういたしまして)
  3. Pakiulit パキウーリット(もう一度言ってもらえますか?)
  4. Makikiraan po マキキラアン ポ(すみません)
  5. Alam アラーム(わかります)
  6. Hindi alam ヒンディ アラーム(わかりません)
  7. Sandali lang サンダリーラン(ちょっと待ってください)
  8. Pasensya ka na パセンシャ カナ(ごめんなさい)
  9. Opo オッポ(はい)
  10. Hindi po ヒンディポ(いいえ)
  11. May メイ(あります)
  12. Wala ワラ(無いです)
  13. Ayos lang アユスラン(大丈夫)
  14. Paki パキ(お願い)
  15. Ano po sa tingin ninyo? アノポー サティンニーニョ(どうですか?)
  16. Talaga? タラガ?(本当ですか?)

質問表現

  1. Kailan? カイラン(いつ?)
  2. Saan? サーン(どこ?)
  3. Sino?シーノ(誰?)
  4. Ano? アノ(何?)
  5. Magkano? マグカーノ(いくら?)

単語だけでも、コミュニケーションに役立つ

挨拶は心の距離を縮める効果もあります。質問表現は、会話のバリエーションを増やし、たとえ名詞や数字だけでも、母国語を話す施設やスタッフは、接客する相手である訪日外国人に好印象を与えるでしょう。文章で意思疎通を取らなくても、最低限通じる単語を使ってあげる事で会話をすることも可能です。

名詞と数字についてまとめます。

名詞

  1. Ako アコ(わたし)
  2. Ikaw イカゥ(あなた)
  3. siya サャ(彼・彼女)
  4. Dito ディート(ここ)
  5. Doon ドオーン(そこ)
  6. Ngayon ナヨーン(今日)
  7. Bukas ブカス(明日)
  8. Kahapon カハポン(昨日)
  9. Sa linggong ito サ リンゴンイトー(今週)
  10. Noong isang linggo ノン イサリンゴー(来週)

ilippineslanguage-3-2">数字

  1. Isa イサ(1)
  2. dalawa ダラワ(2)
  3. Tatlo タットロ(3)
  4. Apat アーパット(4)
  5. Lima リマ(5)
  6. Anim アーニム(6)
  7. Pito ピト(7)
  8. Walo ワロ(8)
  9. Siyam シャム(9)
  10. Sampu サンプ(10)
  11. Isang daan イサンダアン(100)
  12. Isanglibo イサンリーボ(1,000) 

ilippineslanguage-3">まとめ

フィリピン人は先に述べた様に英語でのコミュニケーションにも長けているので、どうしても通じない、言葉が浮かばない時は英語で補っても問題ありません。タガログ語では、「Hi」「Bye」「OK」などカジュアルな日常表現はじめ、名詞においてもそのまま英語を使用していることもあります。伝えたいことがあれば、英語でコミュニケーションをはかれば問題が解決することも多いでしょう。

今後、訪日フィリピン人旅行者も増えていくと考えられます。リピーターの獲得は、観光業界では欠かせない施策です。また来たいと思ってもらえるような環境づくりの一環として、タガログ語の挨拶や単語を覚えることは有効な一手となるはずです。


訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜


初回から人気を博した「訪日ラボ トレンドLIVE!」シリーズの第二弾を開催!

TVや新聞などでも日々取り上げられているインバウンドの動向ですが、業界が盛り上がるにつれて情報把握が難しくなっています。

「訪日ラボ トレンドLIVE!」では、訪日ラボとして取材や情報収集を行っている中で、これこそは把握しておきたいという情報をまとめてお伝えしています。

今回も、インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」副編集長が、今月6月のインバウンドトレンド情報や、独自の取材で気づいたことについてお話ししていきますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

<本セミナーのポイント>

  • 毎月インバウンドの最新動向がわかる!
  • インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」を運営する副編集長 石橋が登壇!
  • 30分間でサクッと学べる!

詳しくはこちらをご覧ください。
訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜

【インバウンド情報まとめ 2024年5月後半】「世界で最も成長している観光地」トップに東京 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年5月後半版レポートから、5月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

※【インバウンド情報まとめ】は2024年5月より月2回発行いたします!最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

「世界で最も成長している観光地」トップに東京 / 富士山前のコンビニ、撮影防止の「黒幕・防護柵」設置【インバウンド情報まとめ 2024年5月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに