JNTOがシンガポールなどからの訪日観光促進に向けシンガポール航空とMOCを締結

公開日:2019年07月22日

訪日観光促進にMOCを締結 協力体制の強化に

日本政府観光局(以下、JNTO)が、訪日観光の促進に向けて、シンガポール航空とMOC(覚書)を締結したと、7月18日に発表しました。

JNTOは、シンガポールやインド、インドネシアなどの主要5都市からの訪日観光の促進に向け、MOCを締結、日本政府の掲げる2020年の訪日旅行者数4,000万人を目指していきます。

MOCの締結により、同主要都市からの訪日観光客誘致に向けたマーケティング活動に、JNTOとシンガポール航空が、今年度およそ5,000万円の投資を行うほか、今後の協力体制の強化を進めていく方針です。

JNTO

JNTO

2018年の訪日旅行者数がインドは前年比14.6%増

訪日外客統計の集計・発表で、シンガポールからの訪日旅行者数が過去5年間で2.3倍も増していることが分かっています。また、今後訪日観光の促進に向けて取り組みを行うインドは2018年だけで前年比8.2%増、インドネシアで12.6%増など、各国好調に推移しています。

日本政府観光局の理事・蜷川 彰氏も、今回のMOCの締結をきっかけに、アジア・オセアニアからシンガポールを経由して、更なる訪日旅行客数の増加を期待したいとしています。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

JNTO プレスリリース
https://www.jnto.go.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。