【速報】北朝鮮また「飛翔体」日本海に向け2回発射:米韓演習に対抗か

韓国軍合同参謀本部によれば、6日未明、北朝鮮は南西部の黄海南道から日本海に向けて「飛翔体」を2度発射しました。また、朝鮮中央通信によれば、6日、北朝鮮外務省は5日から米韓両軍が開始した合同演習を非難する談話を発表しています。軍事演習について「いかなる場合であれ決して美化できない」と批判。「新しい道を模索せざるを得ない」などと主張しています。

以上のことから、「飛翔体」発射の背景には、米韓演習への不満の現れであり対抗姿勢を強調する狙いがあるとみられます。北朝鮮が短距離弾道ミサイルなどの飛翔体を発射したのは7月25日、31日、8月2日に続き2週間で4度目となります。

韓国の国内および外交の状態が不安定になることにより、先日より続いている「ボイコットジャパン」を始めとする反日運動が、いわば「ガス抜き」として激化する可能性も考えられ、今後の朝鮮半島情勢に注目が集まります。

収まらないボイコットジャパンの波で自国が窮地に?韓国LCC各社の株価が下落した理由

7月4日に日本政府が韓国に対する輸出規制強化の措置を発動したことにより、韓国では反日感情が高まっています。韓国国内では、日本製品の不買や日本旅行をキャンセルするなどの反発運動「ボイコットジャパン運動」が激化しています。こうした事態について日本国内で実施されたあるアンケートでは、今回の日本の措置に納得している人が80%を超えるという結果も見られました。また28日には北朝鮮が日韓対立を好機とみて、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄を韓国側に要求し始めまるに至っています。今回の日韓対立...


関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!