旅行業者の2018年の売上高合計は4兆6,758億円超え!インバウンドの影響大

国内旅行業者の経営実態調査

帝国データバンクは8月8日、国内旅行業者の経営実態調査の結果を発表。2018年の売上高合計は4兆6,758億5,700万円。前年比1.6%の増加となっています。

国内旅行業者の経営実態調査

国内旅行業者の経営実態調査

インバウンドの拡大と宿泊代の増加

同調査は、国内旅行業者3,047社から、2016年~2018年決算の売上高が判明した2,881社を対象に集計・分析しています。2018年の4兆6,758億5,700万円で、前年比1.6%の増加となっています。

インバウンドの影響でホテルなどの宿泊代が増加し、客単価が増加したことを要因にあげています。

2018年に「増収」となった企業は634社。大手旅行会社を中心に訪日外国人向けの文化体験ツアーなどを企画し、収益につなげています。また海外法人との事業提携、海外サイトの口コミで集客を伸ばした例もあります。

企業売上高ランキング

2018年決算の売上高ランキングを企業別に見ると、1位は「エイチ・アイ・エス」、2位は「日本旅行」、3位は「ジャルパック」、4位「クラブツーリズム」、5位「ANAセールス」となりました。

企業の従業員数で見ると、「1,000人以上」は9社、「10人未満」が2,436社で全体の79.9%を占めています。オンライン旅行会社や手配を行うランドオペレーターなど、中小規模の会社が圧倒数となっています。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

帝国データバンクのプレスリリース
http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p190802.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。