成田国際空港、就航は開港以来の過去最高値を記録!

7月の空港運用状況を公表

成田国際空港株式会社は8月29日、2019年7月の「空港運用状況」について報告しています。7月は国際線・国内線の新規就航・増便により、空港機発着回数は開港以来過去最高を記録しました。

7月の空港運用状況

7月の空港運用状況

国内・国際線とも新規や増便の効果

国際線の発着回数は、18,104回で前年同月より5%のプラス。韓国線、欧州線など新規就航、増便により開港以来過去最高値を更新しました。

国内線の発着回数は、4,974回で前年同月比15%のプラス。長崎線、高知線、下地島線の新規就航、中部線、仙台線の増便で7月としては過去最高となっています。

国内線・国際線の合計は23,078回、前年同月比7%のプラスとなりました。今年3月に記録した22,425回を上回り、過去最高値を更新しています。

旅客数も順調な増加

旅客数について、国際線の旅客数全体では前年同月より4%増加し3,202,908人。そのうち外国人は1,606,061人で、前年同月より3%の増加となっています。国内線では、前年同月より13%増加で689,612人。いずれも7月として過去最高となりました。

これらを合わせ航空旅客数は、前年同月比5%増加となる3,892,520人となりました。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

成田国際空港株式会社のプレスリリース
https://www.naa.jp/jp/airport/unyou.html

成田国際空港のプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000405.000004762.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。