9月の日本観光は「避暑地」がブーム?軽井沢需要の高い台湾:インバウンド検索トレンド調査

2018年9月の状況と2019年のトレンド

アウンコンサルティング株式会社は8月27日、『2018年9月の検索トレンド調査と2019年の予測』を発表しました。9月の検索によると、台湾では「軽井沢」がトップとなりました。

2018年9月の検索トレンド調査と2019年の予測

2018年9月の検索トレンド調査と2019年の予測

台湾では「軽井沢」が検索トップ

同社では、13ヶ国で日本国内200以上の観光地の検索数を集計、ランキング化しています。2018年9月1日~9月30日の検索数トップを地域別に見ると、ベトナムやシンガポール、マレーシアなどは「富士山」「東京ディズニーランド」などをあげています。

一方で「軽井沢」は、台湾が検索数135,000とトップ、香港は12,100で2位にランクインしています。

他の国の検索数ではアメリカ17位、シンガポール9位、インドネシア11位となっており、軽井沢への関心が高まっていることが分かります。

上高地、白川郷も知名度あり

また「上高地」も上位ランクに入っており、台湾で20位、香港で17位、タイでは12位となっています。

「白川郷」は香港・シンガポールで4位、ベトナムで10位、マレーシア、フィリピン、インドネシア、オーストラリア、イギリスでもランクインしています。

レポートでは、暑さが残る9月の日本を楽しんでもらえるこれらの地域が2019年9月の訪日トレンドになると予測。開拓・プロモーションによって、インバウンドの可能性が見いだせるのではと報告しています。

(アウンコンサルティング調べ)

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

アウンコンサルティングのプレスリリース
https://www.auncon.co.jp/corporate/2019/0827.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。