インバウンド売上マイナス傾向続く、2019年7月のインバウンド消費動向調査

インバウンド売上マイナス傾向続く、2019年7月のインバウンド消費動向調査

中国のEC法施行が影響か

株式会社True Dataは8月30日、全国のドラッグストアにおける2019年7月のインバウンド消費動向調査を発表しました。

ドラッグストア1店舗におけるインバウンド消費購買金額は前年同月比16.3%減、インバウンド購買件数は前年同月比20.7%減となりました。

1レシートあたりの購買単価は前年同月比5.5%増でした。しかし2019年2月より5か月間維持していた16,000円を割り込み、15,682円となっています。

総じて、ドラッグストアにおけるインバウンド消費は減少傾向にあると言えます。その原因について同社は、中国におけるEC法の施行の影響ではないかと分析しています。EC法施行で日本製品の中国国内での転売が難しくなり、購入が差し控えられたと見られています。

「株式会社True Data」

「株式会社True Data」

売上個数TOP30のうちパック8商品

同社は同調査において売上個数TOP30を発表しています。それによるとTOP30のうち化粧品は14商品、そのうちパックが8商品に及びます。

売上個数の第1位は「DHC 薬用リップクリーム 1.5g」、パック商品のうち最上位は第3位の「プレミアムプレサ ゴールデンジュレマスク ヒアルロン酸 33g」でした。

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社True Data プレスリリース
https://www.truedata.co.jp/news/release20190830

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。