インバウンドのキャンピングカー利用最新動向:400日以上前からの予約も

インバウンドのキャンピングカー利用最新動向:400日以上前からの予約も

RWC2019期間も対象 400日以上前からの予約も

「Japan C.R.C.(ジャパンキャンピングカーレンタルセンター)」が、9月から11月までのインバウンド利用状況を調査し、その結果を運営するキャンピングカー株式会社が8月26日に発表しました。

「Japan C.R.C.」は、9月1日から11月30日にかけてのキャンピングカーレンタルのインバウンド利用状況を調査。「ラグビーワールドカップ2019(RWC2019)」期間も対象で、インバウンド利用者の3分の2が出場国の国籍であったほか、全体の40%以上が観戦目的での利用だと分かりました。また、中には最長で400日以上前から予約している人もいました。

「Japan C.R.C.」

「Japan C.R.C.」

「RWC2019」観戦目的では最長30日間の利用に

「RWC2019」観戦目的での利用者だけに絞ってみてみれば、最長30日間、最短でも10日間の利用期間になっており、平均でおよそ18日間(3週間)と長期になっています。

また、調査対象期間における利用者の平均人数が、2名から4名となった一方で、観戦目的での利用者の平均利用人数はおよそ4名、平均年齢に関しては通常時よりも比較的高い40代後半という結果が得られました。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

キャンピングカー株式会社 プレスリリース
https://camping-car.co.jp/info55/

キャンピングカー株式会社のプレスリリース(DreamNews)
https://www.dreamnews.jp/press/0000200460/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。