外国人向けレンタルWi-Fi「NINJA WiFi」の空港カウンターで「多言語映像通訳サービス」12言語で提供

訪日外国人の利用者数の増加で12言語による通訳対応へ

株式会社ビジョン(以下、ビジョン)が、運営する空港カウンター全店で「多言語映像通訳サービス」を、9月1日に導入したと9月3日に発表しました。

日本政府観光局(JNTO)の発表した資料から、2018年の訪日外国人数が、前年比 8.7%増で過去最高の3,119万人になったことが分かり、今後も増加することが見込まれています。

ビジョンは、これまで訪日外国人から電話やメールで問い合わせを受けた際も、英語・中国語・韓国語などを含めた6言語で対応してきましたが、空港カウンター店舗でもよりスムーズな対応を実現するため、12言語による映像通訳サービスを導入しました。

「多言語映像通訳サービス」

「多言語映像通訳サービス」

インバウンドテックとの協業により24時間365日提供

「多言語映像通訳サービス」では、多言語コンタクトセンターを運営するインバウンドテックとの協業により、タブレット端末などを介した映像通訳を、24時間365日提供できるようにしてます。

ビジョンは今後、独自の訪日外国人向けWi-Fiルーターレンタルサービス「NINJA WiFi」などを含め、快適なモバイルインターネットサービスの提供に努め、更に利便性の改善も図っていく方針です。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社ビジョン プレスリリース
https://www.vision-net.co.jp/news/20190903001886.html

株式会社ビジョンのプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000215.000012807.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。