【日本のキャッシュレス決済】決め手は手軽さよりもポイント:8割以上が日常的に利用、都市・地方関係なし

キャッシュレス決済についての調査

株式会社ジャパンネット銀行は、9月17日に「キャッシュレス決済」についての意識・実態調査を発表。キャッシュレス決済後進国と言われる日本ですが、都市部・地方共に多く利用されています。

ジャパンネット銀行・キャッシュレス決済調査

ジャパンネット銀行・キャッシュレス決済調査

日本はキャッシュレス決済後進国?

経済産業省の報告によると、キャッシュレス決済比率は韓国が89%、中国が60%、アメリカが45%。

その中で日本は18%と低い割合ですが、同社の調査によると、インバウンド需要などの影響を受け、カード・スマホ決済が少しずつ普及してきていることが分かりました。

調査は、日本の20~50代の男女500名に行っています。普段の買い物や食事でキャッシュレス決済を行うことが「よくある」と回答したのは全体の52%。「たまにある」は29%とあり、8割以上が日常的に使用しています。

三大都市エリアでは83%、地方エリアでも79%と大きな差はありません。男女別では、女性43%に対し男性は62%と高くなっています。

クレジットカード8割、ICカード利用も半数以上

決済の種類は、「クレジットカード」87%、「ICカード」59%、「スマホ決済」46%。「コード決済」は34%で、手軽さよりもポイントや割引が魅力となっています。

ほかにも調査では、キャッシュレス決済の不安要因や今後の展望についても報告しています。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド対策なにから始めたら良いかわからない?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドコンサル」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンド研修」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

ジャパンネット銀行のプレスリリース
https://www.japannetbank.co.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。