インバウンド市場の拡大と日本人の国内旅行宿泊日数の関係とは?「2泊3日」「3泊4日」が増加

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

「訪日ラボ」の最新インバウンドノウハウが配信されるメルマガに登録する

進化・拡大する日本旅行市場

JTB総合研究所は、「進化し領域を拡大する日本人の国内旅行 2019」の調査研究を9月25日に公開しました。インバウンドやIoT発達の影響で、日本人の旅行への意識がポジティブに変化していることが分かりました。

進化し領域を拡大する日本人の国内旅行 2019

進化し領域を拡大する日本人の国内旅行 2019

インバウンドの増加が国内旅行の宿泊数に影響

同研究所は、生活者の消費行動と旅行に関する、大規模な調査と分析を実施しました。

日本人による国内旅行市場は、2011年から2018年までの推移を見ると、旅行者数は減少傾向であるものの、消費額はほぼ横ばいとなっており、旅行への意欲は衰えていないことが分かりました。

旅行先は「遠方」が回復傾向にあり、宿泊日数「1泊2日」は2015年の54.3%から2018年は51.9%と減少し、「2泊3日」が28.0%から29.2%、「3泊4日」が9.7%から10.3%と増加傾向にあります。

これは、インバウンドの増加が要因の1つと推測しています。インフラ整備による利便性の向上、個性的な宿泊施設やプランの増加、文化交流促進など、若者を中心にインバウンドをポジティブに捉え、メリットを享受しています。

また、デジタルの発達による情報取得が容易になったことがあげられます。

進化する日本旅行のカタチ

そして、ビジネスと主張を合わせた「ブリージャー」、働きながらバケーションをする「ワーケーション」の増加があげられます。

業務旅行に付随した観光旅行者の人数は、14,725,000人で旅行全体の31.8%。消費額は4,856億円と推計されています。

(画像は写真ACより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

JTB総合研究所のプレスリリース
https://www.tourism.jp/

訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介

インバウンド市場の最新動向がわかる訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介します。

2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

昨年12月、JTBが2024年の旅行動向見通しを発表し、 訪日外国人旅行者がコロナ前の2019年を上回る過去最多の3,310万人に達するとの予測を立てました。

インバウンド市場が回復の動きを見せる中、訪日外国人を集客するために、どのような対策をすべきかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで本セミナーでは、訪日外国人の集客支援を行う2社にて、 2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション成功のポイントを独自の視点から紐解いていきます。

【訪日外国人の行動データと口コミデータで紐解く】2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに