その食材、本当に導入するべき?インバウンド市場の必修「ハラール」失敗3事例を解説!現場からのアドバイス

食の多様化対策について支援するフードダイバーシティ株式会社の守護です。

インバウンドではとても重要となる食。昨今ではイスラム教徒のお客様をお迎えするためのハラール対応店も多く増えてきた一方で、同時に失敗事例も増えてきました。本日はハラール対応現場においてよく起きる3つの失敗事例についてご紹介したいと思います。

1. ハラール認証機関や卸企業の言うことを鵜呑みにする

まず最初に一部のハラール認証機関や、その認証機関と連携する卸企業は「うちの商品以外はハラールではありません」という営業をしています。認証機関も卸企業も営利目的なので、当然それ自体は問題ありません。営業方法の一つです。

問題はその卸企業の商品カタログを見ると、約9割が海外からの輸入品である点です。残り1割の国産品もハラール認証費用が価格に乗りすぎて、一般飲食店で使用するのは難しい価格に高騰していることも少なくありません。

多くのイスラム教徒は「ハラールの和食」を求めて日本に来られています。輸入の食材・調味料は海外の料理を作るためのものなので、和食などを無理に作っても味に限界はあります。

現在成果を出している企業の多くは、食材ロス防止や店内オペレーションを簡単にするために、一般日本人客にもハラールで提供しています。つまり一般日本人客にも合う、かつハラール、なおかつ価格が上がらない商品を使っているということです。

当然ですが卸企業から渡されるカタログ以外にも使用できるものはたくさんあるわけなので、規格書などを取り寄せて自ら食材・調味料を探すことがとても重要になります。

解決策

情報を鵜呑みにすることなく自ら勉強し、提供したい価格、味から逆算して食材や調味料を選ぶ。

▲スーパーマーケットに陳列される輸入食品
▲スーパーマーケットに陳列される輸入食品

2. 「ハラール」や「ノーポーク」などを謳いすぎる

ここでつまづく方が結構いますが、重要なのは「誰をお客様にするお店なのか?」ということです。

売上の大半をイスラム教徒のお客様で考えていますという場合はもちろん「ハラール」や「ノーポーク」などを前面的に謳うことが重要です。

しかし売上の大半を一般日本人客で、そこにONしてイスラム教徒のお客様を呼びたいというケースは、「ハラール」や「ノーポーク」などを謳うとマイナスに働くことがあります。

下記図をご覧ください。

▲飲食店でハラールを取り扱う場合の、売上比率の考え方
▲飲食店でハラールを取り扱う場合の、売上比率の考え方

まだ一般日本人の理解では「ハラール=イスラム教徒が食べる食事」というイメージが強いので、そこをしっかりと配慮する必要があります。

あくまでも「ハラール」であったり「ノーポーク」であったりは届けるべき人にのみ届けばいい情報であることを忘れてはいけません。

解決策

ターゲットとなるお客様比率をしっかりと定めて、適切な打ち出し方をする。

3. 社内で一部の人の属人的な取り組みになっている

実際にハラールのことは一部の料理人や一部の担当者だけが知っていればいいという情報ではありません。

大きな企業様においては「担当者が異動になってゼロスタートです」「担当者が退職して誰も引き継いでません」ということもよくありますが、これだと会社としてのノウハウが蓄積されません。

しっかりと社内体制を構築し、担当者は関係各所を巻き込み、会社全体で取り組むことがとても重要になります。

現場では下記のことが本当に多く起きています。

▲インバウンドを対象にした飲食店でも起こりがちな連絡体制の不備
▲インバウンドを対象にした飲食店でも起こりがちな連絡体制の不備

実際に予約を受ける方がしっかりと知識を持っていないと、お客様からの理解と信頼は得られず予約を確定させることはできません。

また旅行会社から旅行者へ説明できるように、簡潔にわかりやすい情報を旅行会社へ伝える力も必要になります。

解決策

属人的な体制ではなく、研修なりをしっかりと入れて会社全体で体制を作る。

▲インバウンドを対象とした飲食店での、各担当者の理想的な連携関係イメージ
▲インバウンドを対象とした飲食店での、各担当者の理想的な連携関係イメージ

もちろん例外なども多くありますが、今回ご紹介した事例ががすでにインバウンドを意識した「ハラール」提供に取り組んでいる企業様、またこれから始める企業様に役立つ情報であればとても嬉しく思います。

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

フードダイバーシティ株式会社

フードダイバーシティ株式会社

フードダイバーシティ株式会社 代表取締役 守護 彰浩。千葉大学卒。2007年楽天株式会社入社。2014年に日本国内のハラール情報を多言語で世界に発信するポータルサイトHALAL MEDIA JAPANをサービスイン。またハラールにおける国内最大級のトレードショーであるHALAL EXPO JAPANを4年連続で主催し、2万人以上動員。現在ではフードダイバーシティをコンセプトにハラールだけでなく、ベジタリアン、ヴィーガン、コーシャなどありとあらゆる食の禁忌に対応する講演やコンサルティングを行う。流通経済大学非常勤講師も務める。