【エイチ・アイ・エス月次業績】8月は欧米からの訪日客増加が顕著に:総取扱高は前年同月比88.5%、東アジア顧客単価減少が影響か

公開日:2019年11月06日

外国人旅行の総取扱高は減少傾向に

株式会社エイチ・アイ・エスは、10月31日、エイチ・アイ・エス及びオリオンツアー、クオリタ、クルーズプラネット、ジャパンホリデートラベル、ミキ・ツーリストのグループ6社による社内取り引きを相殺した取扱高の合計となる「2019年9月 旅行取扱高状況報告」を発表しました。

これらグループ会社の中で、ジャパンホリデートラベルは、インバウンドを専門に取り扱う旅行会社です。中国からの取り扱いは、日本国内トップクラスに位置付けられており、訪日旅行の企画や提案、サポートを行っています。

2019年9月 旅行取扱高状況報告

2019年9月 旅行取扱高状況報告

東アジアからの顧客単価は減少

「2019年9月 旅行取扱高状況報告」のうち、外国人旅行の総取扱高は、32億1,580万2,000円。前年同月取扱高が36億3,441万6,000円にのぼっていたため、前年同月比88.5%という減少結果となりました。

また、2019年8月の外国人旅行の総取扱高は35億178万円であり、前月と比較しても、減少したことが判明しました。

外国人旅行では、8月には、欧米からの受客が大幅に増加。9月においても引き続き増加傾向となりました。

一方、東アジアからの受客については、8月に同社は販売商品を戦略的に見直しました。9月は、顧客単価の減少がみられたことにより、今回の減少結果を招いたと考えられます。

(画像はイメージです)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社エイチ・アイ・エス プレスリリース
https://www.his.co.jp/wp-content/uploads/201909.pdf

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。