【JTB調査】好調な「訪日フランス人市場」観光客数は2018年30万人超&今年9か月累計は25万人に:欧州市場では英国に次ぐ第二位

2018年の訪日フランス人観光客数は30万人の大台を突破

JTBは、11月6日、「JTB訪日旅行重点15カ国調査」の一環として、インバウンド1人当たりの旅行支出額が、インバウンド平均を大きく上回る「フランス市場」の実態について発表しました。

日本政府観光局(JNTO)によると、昨年の訪日フランス人観光客数は、前年比13.5%増の30万4,900人以上。欧州市場では、英国に次いで2番目に多い国となっています。

また、今年の訪日客数も、1月から9月までの累計で、前年同期比9.3%増の25万2,300人と、好調に推移しているところです。

JTB訪日旅行重点15カ国調査

JTB訪日旅行重点15カ国調査

フランス人は日本文化に大きな関心

9月20日に開幕したラグビーワールドカップ(TM)においても、訪日フランス人観光客の母国チームを応援する姿は多くみられました。

観光庁が10月16日に発表した「訪日外国人消費動向調査」(2019年7-9月期・1次速報)によると、国籍・地域別の訪日外国人旅行消費額でフランスは232億円を記録。また、国籍・地域別にみた1人当たりの旅行支出も25万2,000円と、フランスはトップにランクインしました。

また、平均滞在日数は、調査対象の15カ国・地域のうち12.70日と最も長いことも判明。「行き先」を選ぶ際には、中国や他地域と比較することなく、「日本」と決めうちする傾向が強いこともうかがえました。

さらに、「訪日を決めた理由」では、他の欧米豪各国に比べ、「テーマパークに行ってみたかった」が33.8%、「アニメやゲームやコミックなどに関心があった」が31.5%と、比率が高いことも判明しました。

今回の調査結果から、フランスでは、昨年、「ジャポニスム2018」が開催されたこともあり、最新の日本文化に大きな関心が寄せられていると推測されます。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

JTB プレスリリース
https://www.jtb.co.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。