【鳥取】米子香港国際定期便10月利用実績は3,000人を突破!2016年9月の就航以来初の快挙

10月からソウル便は欠航・非運航に

鳥取県は、11月5日、「米子香港国際定期便の2019年10月利用実績」を発表しました。

米子ソウル国際定期便については、2019年9月まで運航されていましたが、日韓関係の悪化等により、10月以降、同定期便は、欠航・非運航となっています。

米子香港国際定期便の2019年10月利用実績

米子香港国際定期便の2019年10月利用実績

就航以来初の3,000人突破

香港航空大阪支店によれば、外国人搭乗者数の最多記録は、2018年12月の2,874人でした。しかし、今回は3,009人と大台の3,000人を突破し、2016年9月の就航以来初めての快挙となりました。

考えられる要因は、国慶節(10月1日)や重陽節(10月7日)などの祝日で比較的旅行しやすかったこと、また香港市内でのデモ長期化を背景に、海外旅行を控える傾向が弱まりつつあることが挙げられます。

今後、県では、インバウンド対策として、旅行会社と連携した旅行商品の販売促進、旅行情報サイトと連携した動画配信を行いたいとしています。

また、11月中に深センでの観光イベント・観光情報説明会を開催するほか、香港、深センでのセールスコールを行う計画です。

これから、いよいよ行楽シーズンがやってきます。この季節をターゲットに、インバウンド数が増加する傾向があることから、県では松葉ガニや和牛といった食冬のアクティビティなどをPRすることで、米子香港国際定期便の利用者増を目指す考えです。

(画像はイメージです)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

鳥取県 プレスリリース
http://db.pref.tottori.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。