勤務中に英語を使った経験あり=34%!業種別アルバイトの調査結果を発表【エン・ジャパン「英語の学習習慣」に関する調査】

公開日:2019年11月20日

英語で接した経験は34%

エン・ジャパン株式会社が運営するアルバイト求人情報『エンバイト』は、「英語の学習習慣」に関する調査を行い、11月14日に結果を発表しました。アルバイトで英語を使った経験のある人は、34%となっています。

エン・ジャパン「英語の学習習慣」

エン・ジャパン「英語の学習習慣」

訪日外国人の接客が9割

同調査は、『エンバイト』ユーザー9411名の回答を集計しています。

アルバイト中に英語を使った経験がある人は、34%。仕事の内容は、「飲食・ホテル・旅行などのサービス系の仕事」が最も多く52%、次いで「日用品・家電・アパレルなど販売の仕事」が16%となっています。

英語で接した相手は「お客様」が92%、「同僚」11%、「上司」5%、その他「7%」となりました。

つたない英語でも理解してもらえて嬉しかったなどポジティブなエピソードや、マニュアル以外の気の利いた言葉が浮かばなくて悔しかったなど、英語ができないことで困ったエピソードなども掲載されています。

英語が通じると嬉しい!

今後、英語を勉強しようと「思う」と回答したのは63%。国際社会、国際交流を意識したコミュニケーションの必要性を指摘する回答のほか、訪日外国人におもてなしがしたい、少しでも好きになって欲しい、楽しんで欲しいと考えている回答も見受けられました。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

エン・ジャパン株式会社のプレスリリース
https://corp.en-japan.com/newsrelease/2019/20215.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。