ラグビーW杯で特需「ビール・キャンピングカー・包丁」欧米豪インバウンドに人気の日本商品

公開日:2019年12月13日

「ラグビーワールドカップ2019」に沸いた日本では、各地の試合会場周辺でのラグビー特需がありました。宿泊施設をはじめ、観戦前後に楽しむビールやお土産まで、さまざまな分野に好影響を与えています。今回はラグビーワールドカップ開催によるインバウンド動向の特徴をご紹介します。

試合会場周辺のホテルはインバウンドで満室

9月20日に開幕した「ラグビーワールドカップ2019」は10月13日まで行われました。公式サイトでは、中止となった3試合を除く37試合での観客動員数は延べ128万人超、1試合の平均観客数は3.4万人超を記録しており、観戦チケットの総販売数は180万枚以上にのぼったという発表がありました。

試合の観戦に合わせて、各地の会場を訪れるラグビーファンが周辺の観光スポットや飲食店に足を運び、インバウンドの周遊観光の活発化しました。

計5試合が開催された大分県の調査によると、9月時点で試合に絡む14日間に少なくとも15万人が宿泊したと見ています。15万人のうち訪日外国人観光客は5.4万人弱とされ、欧米豪からの観光客は約1.3万人を占めます。

準々決勝が行われた10月19~20日の2日間は大分と別府の宿泊施設の客室稼働率が80~90%台となり、そのうち4割超が訪日外国人観光客からの予約でした。

外国人サポーターによりビールの消費量も拡大

試合会場周辺の居酒屋やバーを中心に、ビールの販売量も急増しました。

アイルランドやイングランドなど、8強に残った強豪国・地域では、1人あたりのビールの年間消費量が多いのが特徴です。たとえばアイルランドの成人1人あたりのビール年間消費量は118リットルと、日本の54リットルと比較するとその多さは一目瞭然です。

大会スポンサーのハイネケンの9月の販売量は、前年同月の3.4倍となったほか、ギネスも前年同月比5割増。ラグビーワールドカップを機に日本での認知度アップにつながりました。

地域ならではのクラフトビールインバウンドのサポーターから注目されています。大阪府箕面市の「箕面ビール」を提供する大阪市の直営店にて、9月以降は欧米人客が急増したとのことです。苦くアルコール度数が高いものが人気で、パイントサイズを3〜4杯飲み干す人も見受けられます。

日本のご当地クラフトビールの情報は、海外のメディアや観光サイトを通じて情報収集し、飲みに来る欧米人観光客が多いようです。

キャンピングカーで各地をまわる観戦客も

ラグビーワールドカップの観戦で、日本各地の試合会場をまわる外国人観戦客の中には、キャンピングカーを利用するケースも見受けられました。開催期間が44日間と長いのに合わせて、欧米豪からの観戦客の滞在期間も長いことから、泊まる場所を気にせず旅ができるキャンピングカーを好むようです。

普段は外国人の利用はほとんどないというオートキャンプ場でも、大会期間中の2週間で80人の訪日外国人観光客が宿泊しました。

目的地は開催都市に限らず、富士山観光など、全国各地の観光スポットを自由にまわるケースも見受けられます。

「和包丁」人気のお土産に

インバウンドのラグビーファンたちから意外な人気を集めたお土産が和包丁です。切れ味が鋭い和包丁はもともと海外でも評判が良く、本場・日本を訪れた際に購入するケースが多いとされています。

和包丁の産地である堺市産の包丁などを取り扱う大阪市内の専門店では、9月の売り上げが前年同月比16%の増加を記録しました。普段は東アジア圏の観光客が多いにもかかわらず、9月はアイルランドやオーストラリアなど、ワールドカップのロゴが入った服を着た欧米豪からの観光客の来店が目立ちました。

「タワーナイブズ大阪 刃物工房」には観戦客だけでなく、ラグビーのイタリア代表の選手も来店しました。店員が全員外国語で接客ができ、試し切りのためのブースもあることから、売り上げの約7割が訪日外国人観光客という結果を生み出しています。

まとめ:東京五輪の特需にも期待!地方でも万全の受け入れ態勢を

「ラグビーワールドカップ2019」の開催により、キャンピングカーで自ら日本各地をまわるインバウンドや、地方都市における宿泊者数の増加、消費拡大といった特需が見受けられました。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの際も、長期滞在が主流の欧米豪からの観光客を中心に、地方誘客と地方経済の活性化が予想できます。これまでは訪日外国人客数が少なかった地方都市においても、インバウンドの受け入れ態勢強化に向けて、早めの対策が重要でしょう。


<参照> 

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!