内モンゴルの貧困「旅行」で解決せよ!北京から直行新幹線が運行開始:中国人が考える「公益活動」とは【毎日中国ニュース】

公開日:2019年12月24日

訪日ラボ編集部が、毎日中国現地ニュースから注目のトピックを紹介します。

関連記事
中国「95後(U24歳)」の投資・旅行・教養・タオバオ 

スノーレジャーと旅行を組み合わせた、社会問題解決の新モデルを提唱

12月9日北京市内で内モンゴル自治区の関係者が集まり、「スノーレジャー」と「旅行で貧困解消」を掛け合わせた新しい「旅行産業」モデルを提唱するフォーラムが開かれました。

12月30日、内モンゴル自治区の各都市と北京が高速鉄道(新幹線)で結ばれ、今後内モンゴル自治区への旅行は更に便利になります。内モンゴルのGDPは全国でもあまり高くなく、内モンゴルの旅行産業のさらなる振興と、それによる内陸部の貧困解消が期待されます。

現在、中国政府は「扶貧」をキーワードに「貧困撲滅」を全面的に推し進めています。地方農村の特産物を直接、中間マージンをなくしECで直接消費者に届けるように応援する事も「貧困撲滅」の一つです。

「公益活動」活発な中国

実は中国人は、日常生活や消費において「社会問題の解決に貢献しているかどうか」を大事にしています。

中国向けインバウンド対策でもおなじみの「WeChat Pay」には「テンセント公益」というメニューがあり、募金ができるうようになっています。こうしたメニューも、中国人がいかに普段から社会問題の解決に対し、個人で貢献したいと考えているかが見えてくるでしょう。

▲[WeChatのアプリからWeChat Payを起動させればすぐに募金メニューにアクセスできる]:編集部キャプチャ
▲[WeChatのアプリからWeChat Payを起動させればすぐに募金メニューにアクセスできる]:編集部キャプチャ

今回の中国での取り組みが直接日本の観光業界と競合することはあまり考えられませんが、「旅行」においても公益性を重視する中国人が存在し、市場を形成するほどであるということは記憶しておいてよいかもしれません。


関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!