鳥取県「米子×香港」外国人搭乗者数で過去最多更新がストップ、2020年1月からは上海との定期便が運行開始(2019年12月利用実績)

公開日:2020年01月15日

外国人搭乗者数の過去最多更新はストップ

鳥取県は、1月7日、香港航空大阪支店提供による、米子香港国際定期便の2019年12月利用実績を発表しました。

国際航空定期便の2019年12月利用実績

国際航空定期便の2019年12月利用実績

新たに米子上海国際定期便が就航

香港航空大阪支店によると、2019年12月の外国人搭乗者数は、2,772人。前年同月実績の2,874人と比べ、102人の減少となりました。

今年度でみると、10月は3,009人、11月は3,160人と、過去最多を更新。12月については、10月の3,009人に次ぐ利用者数となりました。

なお、1月9日(木)より、これまでの火・水・土曜日運航から火・木・土曜日に曜日が変更に。また、1月16日(木)、21日(火)、28日(火)は、機材繰りの影響により、欠航が決まっています。

1月中、鳥取県では、香港航空と連携した利用促進対策として、キャンペーン等を実施するほか、旅行会社と連携し、FIT商品の販売促進を図ります。

また、香港メディアを招き、鳥取県を題材とした映像作成やSNSでのPRを進め、マカオ等香港周辺地域からの誘客促進、ならびに、香港でのセールスコールに努めます。

さらに、2月には、インバウンドにスキーツアーを楽しんでもらうため、香港・周辺地域の旅行会社FAMツアーを実施する予定です。

これまで、米子ソウル国際定期便も運航されていましたが、昨年10月以降は、欠航・非運航となっています。一方、米子と上海を結ぶ上海吉祥航空による国際定期便が1月11日(土)からスタート。火・土曜日の週2便、運航される予定です。

(画像はイメージです)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

鳥取県 プレスリリース
http://db.pref.tottori.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。