訪日台湾人が期待する「日本人の生活体験」旅行経験6回以上&滞在日数4日~13日が多数派の成熟市場、ライバルは「韓国」【JTBレポート】

公開日:2020年02月05日

訪日台湾人観光客数は500万人規模に

JTBは、1月29日、「台湾のインバウンド市場の実態」についてのレポートを発表しました。

日本政府観光局(JNTO)によると、2019年の訪日台湾人観光客数は、前年比2.8%増の489万600人と、過去最高を記録。台湾は今や、中国、韓国に次ぐ3番目の市場規模となりました。

台湾のインバウンド市場の実態

台湾のインバウンド市場の実態

FIT化により、体験ニーズも多様化

「JTB訪日旅行重点15カ国調査」によると、訪日台湾人観光客の旅行形態で最も割合が高かったのはFIT。団体・周遊型の25.8%、フリータイム型の15.8%を大きく引き離し、FITは、57.8%という結果でした。

訪日旅行回数では、「6回以上」が37.3%で最も比率が高く、滞在日数では、「4~6日」が66.8%、「7~13日」が25.3%にのぼり、台湾が非常に成熟度の高い市場であることがうかがえました。

「JNTO訪日旅行データハンドブック2019年」によると、2017年における台湾から世界各国・地域への旅行者数は、1位が中国587万1,268人、2位が日本456万4,053人。3位の韓国92万5,616人を、大きく引き離していることが判明。

一方、JTBが「訪日を決める際に比較した国・地域」を尋ねたところ、韓国が日本の「競合デスティネーション」であることもわかりました。

「訪日旅行に期待したこと」では、「ショッピングを楽しむ」「日本ならではの食事を楽しむ」がそれぞれ65.0%を超えました。

また、「温泉に入る」が49.0%など、観光系の体験だけでなく、「日本人の生活を体験する」が42.8%にのぼるなど、生活系の体験も一定の割合を示しており、FIT化が、体験ニーズの多様化につながっている様子がうかがえる結果となりました。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

JTB プレスリリース
https://www.jtb.co.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。