避けられない新型コロナウイルスの影響、米子上海国際定期便ほぼ満席がキャンセルの憂き目に(鳥取県、国際航空定期便の2020年1月利用実績)

公開日:2020年02月12日

今年から米子上海国際定期便が追加

鳥取県は、2月5日、「米子上海国際定期便」「米子香港国際定期便」の2020年1月利用実績を発表しました。

国際航空定期便の2020年1月利用実績

国際航空定期便の2020年1月利用実績

新型コロナウイルスで搭乗者数は減少

1月1日より、米子と上海を結ぶ国際定期便が週2便で運航スタート。上海吉祥航空日本支店によると、1月の搭乗者数は1,226人、搭乗率は65.5%でした。

しかし、新型コロナウイルスの発生を受け、1月27日より、中国の団体ツアーが禁止。予約時点ではほぼ満席でしたが、座席キャンセル等の影響で利用客が減少したこと等により、2月11日から3月17日までの間、欠航となってしまいました。

一方、香港航空大阪支店によると、1月の外国人搭乗者数は1,537人。前年同月と比べて441人減少しました。まず、機材繰りにより、1月16日、21日、28日が欠航。さらに、中国で発生した新型コロナウイルスの影響を受け、搭乗者数は減少したと考えられます。

県では、今後、新型コロナウイルスの影響に注視。吉祥航空とは連携し、継続して情報発信等を行うと同時に、受け入れ環境を整え、吉祥航空運航再開後の利用者増を図りたいとしています。

訪日香港人観光客の誘客対策としては、香港メディアを招聘し、冬の鳥取県観光の動画を作成するほか、香港航空と連携したプロモーション及び搭乗キャンペーン実施、旅行会社と連携した旅行商品の販売促進に努める計画です。

(画像はイメージです)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

鳥取県 プレスリリース
http://db.pref.tottori.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。