東北6県が「外国人延べ宿泊者数」年間150万人を達成!政府目標の3倍、令和2年の目標数値に1年前倒しで到達

インバウンド、150万人泊を実現

日本政府観光局(JNTO)は、令和元年の東北6県・外国人延べ宿泊者数が、政府目標であった平成27年の3倍となる150万人泊突破を実現したと2月28日に発表しました。

東北6県・外国人延べ宿泊者数150万人突破

東北6県・外国人延べ宿泊者数150万人突破

観光ビジョンの構想目標

観光庁が発表した「宿泊旅行統計調査」から、令和元年の東北6県における外国人延べ宿泊者数は、1,557,910人。前年比21.0%のプラスとなりました。

政府は「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」で、震災復興支援として、情報発信、プログラム開発、プロモーションなど様々な取り組みが行われてきました。

令和2年に外国人延べ宿泊者数を150万人泊にするという目標を掲げていましたが、1年前倒しで実現した形となりました。

官民連携で震災復興に向けた努力

東日本大震災が発生した平成23年の外国人延べ宿泊者数は18.4万人、復興支援を開始した平成28年には64.8万人。その後順調に誘客への取り組みが行われ、平成30年には120万人以上となっていました。

官民連携のプロモーションや観光誘致の取り組み加え、国際定期便の新規就航やチャーター便の増加などが増加を後押ししています。

今後は東京2020オリンピック・パラリンピックの開催を機に特別プログラムをとりまとめ、さらに東北の観光を盛り上げていく予定です。

(画像は写真ACより)

訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバウンドプロモーションを資料で詳しくみてみる

「インバウンド動画プロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インフルエンサープロモーション」を資料で詳しくみてみる

「SNSプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドメディア」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

日本政府観光局のプレスリリース
https://www.jnto.go.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。