【速報】小池知事緊急会見「週末の外出自粛要請・解除は4月12日までで判断」新型コロナ最大の41人感染をうけ

公開日:2020年03月25日

東京都では本日25日、新型コロナウイルスの感染者が41名確認されたことを発表しました。都内で1日に確認された感染者数は昨日24日の17人が最多でしたが、これを大きく上回る数値に。これをうけ、小池都知事は8時13分ごろから緊急記者会見を開きました。

合計41名の新規感染、今までで最多

小池都知事は、本日の感染者について、病院感染11名、その他30名で合計41名の感染が確認されたことを発表しました。

病院感染が発生したのは台東区の永寿総合病院で、医療法に基づく院内検査と指導を実施したといいます。

また、その他30名のうち10名が感染経路不明、5名は渡航歴ありとなっており、帰国者からの感染が増えていることから、引き続き14日間の外出自粛を求める考えです。

平日は自宅勤務、週末は不要不急の外出自粛要請

感染者の爆発的な増加「オーバーシュート」を防ぐためにも、現在が重要局面であり、危機意識を持って行動してほしいとしています。

23日に発表した対応方針の通り、「3つの密を防ぐ」、すなわち「密室・密集・密着」を防いでほしいと強調。

あわせて、平日は可能な限り自宅勤務とし、夜の外出や飲食をともなう集まりは少人数でも避けること、さらに週末の不要不急の外出自粛を要請しました

自粛解除は4月12日まで

自粛解除のタイミングについて記者陣からの質問には、「4月12日までの推移を見て判断」としています。

さきの埼玉で開催された「K-1」についても触れ、今週末28日に予定される後楽園ホールでの開催について、東京都として開催是非の検討を要請し、結果として無観客試合になったといいます。

また、ライブハウスなどにも個別に自粛要請をしていくとしていますが、記者陣から収益の補償について質問があると「まず自粛、補償は税金投入が必要かどうかの議論が必要」と明言を避けるかたちとなりました。

<参考>

https://www.youtube.com/watch?v=b_VJUEQnycM

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!