アジア各国「雇用の実態」調査、日本は「従業員のスキル不足」の懸念大きいという結果に:外国人採用を考える企業が多数

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

「訪日ラボ」の最新インバウンドノウハウが配信されるメルマガに登録する

雇用主の大多数が人材のスキル不足を懸念

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンは、3月27日、アジア5カ国・地域おける1,244職務の給与水準(同社実績ベース)と、5,146人を対象に「雇用の実態調査」の結果をまとめた「ヘイズ アジア給与ガイド2020」を発表しました。

なお、同調査の調査期間は、2019年9月~10月。調査対象の内訳は、中国2,227人、香港特別行政区645人、日本655人、マレーシア825人、シンガポール794人の、合わせて5,146人です。

「ヘイズ アジア給与ガイド2020」雇用実態調査

「ヘイズ アジア給与ガイド2020」雇用実態調査

海外からの採用を検討する企業が増加

雇用主に対する調査の結果、従業員のスキル不足が2020年のビジネスに支障をきたすと思うかに、「支障をきたす」「ある程度支障をきたす」と回答した日本の割合は95%と、最も高いことがわかりました。

スキル不足対策として、雇用主の半数以上が「研修などの実施で対処した」と回答した一方で、「海外からの人材の採用」との回答も26%見受けられ、シンガポールの28%に続く、高い割合となりました。

また、スキル不足の分野に関し、「資格のある外国人や海外在住者の雇用や資金援助を検討する」と回答した雇用主の割合は、67%。アジアにおける全体平均の57%と比べ、大幅に上回る結果となったことも明らかになりました。

これらの結果を受け、同社では、人材採用強化について、異業種経験等を有する人材の採用を、前向きに検討することが必要と位置付けています。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン プレスリリース
https://www.hays.co.jp/

訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介

インバウンド市場の最新動向がわかる訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介します。

2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

昨年12月、JTBが2024年の旅行動向見通しを発表し、 訪日外国人旅行者がコロナ前の2019年を上回る過去最多の3,310万人に達するとの予測を立てました。

インバウンド市場が回復の動きを見せる中、訪日外国人を集客するために、どのような対策をすべきかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで本セミナーでは、訪日外国人の集客支援を行う2社にて、 2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション成功のポイントを独自の視点から紐解いていきます。

【訪日外国人の行動データと口コミデータで紐解く】2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに