Booking.com ウィッシュリスト51%が国内旅行、東京は6位ランクイン:アフターコロナの旅行需要回復は「国内旅行」から

公開日:2020年06月04日

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で世界的に人の移動が制限をされており、旅行しづらい状況となっています。

このような状況の中、世界的な宿泊予約サイト Booking.comは新型コロナウイルスの収束後人々が旅行に行ける日を夢見て、ブッキング・ドットコムに掲載されているどのような宿泊施設がお気に入り登録・保存されていたかを「ウィッシュリスト」としてデータ化し、発表しました。

ウィッシュリストとは

ウィッシュリストとは、ブッキング・ドットコム内でお気に入り登録された宿泊施設の一覧のことです。

宿泊施設の各ページにハートマークのボタンがあり、それを押すとウィッシュリストに登録され、ページを閉じた後もリストを開けばすぐにその宿泊施設が確認できます。

今回発表された数百万の「ウィッシュリスト」データは、3月〜4月の2ヶ月間に世界中のユーザーがウィッシュリストに登録したものです。

3月初めから10万をも超える目的地がウィッシュリストに登録され、このことから、また旅行ができる日のために前向きに考える人が多くいることがわかります。

ウィッシュリスト6位に東京がランクイン

現在世界中で登録されている全てのウィッシュリストの特徴として、51%が国内旅行ということが挙げられます。

昨年の同時期のデータでは国内旅行はウィッシュリストの登録は33%であることから、今年は世界的に国内旅行にシフトしていることがわかります。

日本だけのデータを見ても、昨年は40%だった国内旅行の登録が今年は71%にも上昇しました。

世界1,000以上の都市の中でもっともウィッシュリストに登録されていた都市はロンドン(イギリス)で、その下にサンクトペテルブルク(ロシア)、パリ(フランス)と続きました。

日本の都市は東京都が6位、京都府が27位、大阪府が29位と30位以内に3都市がランクインしました。

海外旅行より国内旅行のニーズが高まる

新型コロナウイルスの影響で、今年は国内旅行のニーズが世界的に高まっていることが明らかとなりました。

これは、新型コロナウイルス感染の回避や多くの国で入国制限を行っていることなどが原因として考えられます。

日本では緊急事態宣言が解除され、諸外国でも段階的にロックダウンが解除されウイルスの脅威をコントロールしながら日常生活や社会経済活動を再開させる動きが活発化しています。

また国によっては夏頃に観光業を再開しようと準備を進めている動きも出ています。

例えばイタリアは6月3日から同国に入国する人に義務づけている14日間の隔離措置を一部緩和し、欧州の多くの国から観光客の受け入れを開始する予定です。

インバウンド需要の回復は各国の入国制限の緩和はもちろんですが、何よりも安全性を担保しなければなりません。

そのためまずは国内旅行で日本の安全性を確立するとともに、国外へその取り組みと実績をアピールすると良いでしょう。

<参照>

Booking.com次の旅行に思いを馳せる! ブッキング・ドットコム、コロナが落ち着いたら行きたい 「ウィッシュリスト」情報を大公開

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!