【東京都】新型コロナ感染が7日連続20人超:緊急事態宣言解除後「最悪」55人を確認

公開日:2020年06月24日

東京都内で新型コロナウイルスの感染者が新たに55人確認されました。

感染者の中にはクラスター感染が確認されており、小池都知事は感染者数の増加に危機感を表しました。

東京都 新型コロナ新規感染者55人

東京都内での新型コロナウイルス新規感染者数が、6月24日時点で55人確認されました。

昨日23日の31人を大きく上回り、7日連続で1日の感染者数が20人を超え、ゴールデンウィーク以来の大人数の新規感染者数となり、緊急事態宣言解除後、最悪の数値となりました。

小池都知事によると職場内クラスター(感染者集団)が確認されており、職場環境でも感染予防対策を行わなければ集団感染の場となる危険性があると問題視しています。

【東京都】新型コロナ31人感染者増加止まらず、第2波の予感:「東京都感染拡大防止協力金(第2回)」受付開始

東京都を含む1都3県の緊急事態宣言が解除されてから約1か月がたち、6月19日には県をまたぐ移動が緩和されました。そんな中、東京都の発表によると、都内で確認された新型コロナウイルス(COVID-19)の新規感染者が6月23日に31人確認されました。都内での感染者数が増える中、「東京都感染拡大防止協力金(第2回)」の申請が受付開始されました。目次東京都新規感染者数の増加止まらず「東京都感染拡大防止協力金(第2回)」の受付開始東京都新規感染者数の増加止まらず東京都の緊急事態宣言が解除となって約1...

<参照>

NHK NEWS WEB:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200624/k10012482021000.html

朝日新聞:https://www.asahi.com/articles/ASN6S4G7BN6SUTIL028.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!