EU入国規制緩和 最終調整へ、中国入ってアメリカはやっぱり対象外...

公開日:2020年06月30日

CNNの取材によると、欧州連合(EU)は早ければ明日7月1日から15か国を対象とした入国規制緩和を行う方針だと明らかにしました。

関連記事
7/1からタイが入国規制緩和ステップ1へ
【海外まとめ】アメリカ、ディズニー再開延期にEU渡航緩和対象外の可能性

EU15か国で入国規制緩和へ、米は対象外...

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、3月から入国規制を行っていたEUは、早ければ明日7月1日から15か国を対象とした入国規制緩和を行う方針を指名しており、EU加盟国27か国に対して6月30日正午までに承認を求めているとのことです。

入国規制緩和を行うためには27か国中15か国の賛同が必要となっており、本日6月30日に今後の方針が決定されます。

また入国規制緩和が可決されれば、受け入れる国のリストやガイドラインなどについても順次承認を進めるとのことです。

受け入れは、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染率がEUと同程度またはEUよりも低いことが条件となっています。

規制緩和対象予定の国は、下記の通りです。

  • アルジェリア
  • オーストラリア
  • カナダ
  • ジョージア
  • 日本
  • モンテネグロ
  • モロッコ
  • ニュージーランド
  • ルワンダ
  • セルビア
  • 韓国
  • 中国
  • タイ
  • チュニジア
  • ウルグアイ

<参照>

CNN:https://www.cnn.co.jp/world/35156036.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!