【速報】GoTo トラベル、7月22日スタート:国内旅行の「半額」支援 予約済みも対象

公開日:2020年07月10日

国内旅行を対象に、宿泊・日帰り旅行代金の半額相当額を支援する「GoTo トラベル事業」の開始が、7月22日にスタートすることが、きょう7月10日の会見で明らかになりました。


Go To トラベル事業の詳細

支援は一人一泊あたり2万円(日帰り旅行については、1万円)を上限に、7割は旅行代金の割引、3割は旅行先で使える地域共通クーポンとして付与されます。

連泊の回数や、利用回数に対する制限はありません。

支援額の3割にあてられる地域共通クーポンは、旅行代理店や宿泊施設で配布を予定しています。地域の店舗の参加・登録については地域の観光協会や観光地域づくり法人(DMO)・商工会等を通じて呼びかけされる方針です。

4連休の前日の7月22日から旅行代金割引を先行開始、予約済も対象に

事業開始は、2020年7月22日からで、旅行代金35%割引を先行的に開始します。半額相当額の7割分を割引する形です。

7月22日以前の予約による旅行については、旅行代金の支払い後でも、旅行後の申請で割引分の還付を受けることができます。

7月27日以降に、準備が整った事業者から、割引価格での旅行の販売が開始されます。 

地域クーポン開始のタイミングは、9月以降に決定

地域共通クーポンの配布を含む本格実施の開始のタイミングについては、9月1日以降で別途発表を予定しているとのことです。

旅行代金の15%(旅行代金の半額相当額の3割)の地域共通クーポン券を発行します。旅行先の都道府県+隣接都道府県において旅行期間中に限って使用可能です。

1枚1,000円単位で発行する商品券の形であること、お釣りはなしとされることが予定されています。

<参照>

https://www.mlit.go.jp/kankocho/content/001351403.pdf

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!