【速報】安倍首相 辞任の意向固める 体調悪化理由に

安倍総理大臣は、持病が悪化したことを理由に、国政に支障が出る状態は避けたいとし、辞任の意向を固めた模様です。

持病の悪化を理由に

安倍首相は17日、24日と二週連続で慶応大病院を訪問しており、検査をしていました。

24日の検査後の取材に対するコメントでは、「体調に万全を期し、これからまた仕事を頑張りたい」と政権運営への意欲を示していました。

本日17時に安倍首相の会見が予定されており、そこで辞任の意向や経緯について説明があると見られています。

安倍首相のこれまでのインバウンドへの対応はこちらにまとめています。

安倍首相のインバウンドに関する対応まとめ

本日8月28日17時より、新型コロナウイルスの検査体制の拡充やワクチンの確保などの今後の対応について、安倍首相が会見にて説明するとしています。首相官邸での会見はおよそ二ヶ月半ぶりであり、一部の報道やSNS上では辞任を発表するのではないか、という推測もなされています。これまで安倍首相は、東京オリンピックの開催決定から新型コロナウイルスの影響による開催延期の判断、水際対策としての入国規制実施など、移りゆく社会情勢のなかで、さまざまなインバウンドに関する対応を行ってきました。現在はコロナ禍により...


関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!