【速報】東京都、新型コロナ警戒レベル引き下げ:飲食店への営業時間短縮も15日で要請解除

公開日:2020年09月10日

本日、新型コロナウイルスの感染状況などを分析・評価する「モニタリング会議」が開かれ、感染状況の警戒のレベルを一段階引き下げることに決定しました。

約2か月の間継続してきた最も深刻な表現から、「感染の再拡大に警戒が必要であると思われる」という上から2番目の表現となります。

これを受け、東京都では23区内の酒などを提供する飲食店に対して要請していた営業時間の短縮について、当初の予定通り9月15日を以って終了する方針を固めました。

「再びの増加に警戒必要」専門家

小池百合子都知事は、都外への外出自粛要請も事実上解除されることについて、「警戒する必要がなくなったわけではなく、都外・都内ともに感染拡大を予防する意識は必要。」とし、国の方針を引き続き意識してほしいと述べました。

会議の中で、東京都医師会の猪口正孝副会長は、直近7日間の平均の新規感染者数が前週よりも減少しているものの、依然として減少速度は緩やかであることを指摘し、感染者数が再び増加することへの警戒が必要だとコメントしました。

一方、医療提供体制に関しては、医療機関への負担が長期化していることについて「体制強化が必要」と評価し、上から2番目の表現を10週連続で維持することとなりました。

東京都、飲食店に営業時間の短縮要請へ:感染急増を受け

7月30日、東京都が新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、都内全域の飲食店やカラオケ店に向けて、再び営業時間短縮の要請を検討していることが明らかになりました。目次東京都の営業時間短縮要請の詳細背景に増加する感染者数政府、自治体の判断基準に指標設ける東京都の営業時間短縮要請の詳細具体的な案としては、8月3日から8月31日にかけて、接待を伴う飲食店とカラオケを対象に、営業時間を午後10時までとすることが計画されています。加えて、こうした要請に合わせた措置をとった店舗には、協力金として20万...

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる


関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!