【レポート無料】一般の方も事業者の方も!理解を深めキャンペーンを最大限に活用 Go To キャンペーンまとめ

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、日本においても外出自粛や移動制限により旅行需要が激減し、国内の様々な業界に大きな打撃を与えました。

そうした状況をふまえて、官民一体型の需要喚起策として打ち出されたのがGo To キャンペーンです。国民の消費需要を喚起することで、各産業や地域を活性化する目的があります。

今回のレポートでは、事業の全体概要やそれぞれの事業(Go To トラベル・Go To イート・Go Toイベント・Go To 商店街)の概要や課題についてまとめています。

「Go To キャンペーンまとめ(完全版)」(無料)をご希望の方は、下記フォームにて必要事項をご記入ください。

「資料完全版(無料)を希望の方はこちら」

官民一体型の需要喚起策

「Go To キャンペーンまとめ」レポートでは、各キャンペーンの概要や課題について説明したのちに、各都道府県における全国向けのキャンペーン事例をエリアごとに掲載しています。(※各都道府県の事例には、11/30現在キャンペーンの除外となっている札幌市・大阪市のキャンペーンも含まれています。)

▲[Go To キャンペーンまとめ]:訪日コムレポート
▲[Go To キャンペーンまとめ]:訪日コムレポート

「資料完全版(無料)を希望の方はこちら」

軸となる4つの事業

Go To キャンペーンの4つの事業についての項目では、詳細な概要やスキームの流れなどを説明しています。現時点での課題と対策、事例などもご紹介しています。

▲[Go To キャンペーンまとめ]:訪日コムレポート
▲[Go To キャンペーンまとめ]:訪日コムレポート

「資料完全版(無料)を希望の方はこちら」

47都道府県で実施の独自の観光支援策

最後に、各自治体や団体において行われている独自の観光支援策の事例をエリアごとにまとめています。今回のレポートでは、対象を全国としているものに限定しています。

※現時点でキャンペーンが終了または変更となっているものもありますのでご注意ください。

▲[Go To キャンペーンまとめ]:訪日コムレポート
▲[Go To キャンペーンまとめ]:訪日コムレポート

「資料完全版(無料)を希望の方はこちら」

キャンペーンへの理解を深め最大限に活用

11月30日現在、「Go To トラベル」と「Go To イート」2つの事業が既に開始されています。

キャンペーンの開始前の懸念が解決できていない点や、開始直後に問題点が浮上するなど課題はあるものの、需要が喚起され一定の効果が得られているのも事実です。

新型コロナウイルスの新規感染者が再び増加していることから、キャンペーンは内容を見直しつつ継続されることが予想されます。

事業者側の心構えとしては、最新情報を知っておくことと、キャンペーンへの理解を深め最大限に活用する工夫を凝らすことが最も重要だといえます。

「資料完全版(無料)を希望の方はこちら」

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!