【海外の反応】 USJ、600億投じた「マリオ開業」に外国人「これ本物?」「早く日本に行きたい!」

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下、USJ)が、2021年2月に新エリア「スーパー・ニンテンドー・ワールド」を開業することが発表されました。この新しいエリアは任天堂のゲームの世界観をモチーフに建設されており、海外にもファンが多いゲームのエリアの発表とあって、日本国内のみならず海外からも大きな反響を呼びました。

この記事では新たに開業される「スーパー・ニンテンドー・ワールド」の概要に触れながら、海外での任天堂ゲームの人気について、またUSJで実施されているインバウンド対策やコロナ対策について解説します。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

2021年2月、USJに「スーパー・ニンテンドー・ワールド」が開業予定

2021年2月、USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)に新たに「スーパー・ニンテンドー・ワールド」がオープンする予定であることは発表されました。「Nintendo Switch」や「つまれ どうぶつの森」のヒットなど、世界的に有名なゲーム会社となった任天堂のキャラクターやゲームの世界観を再現したエリアです。

エリア内のアトラクションは、「マリオカート ~クッパの挑戦状~」、「ヨッシー・アドベンチャー」、「パワーアップバンド・キーチャレンジ」の3つが予定されています。このうち「マリオカート」は11月30日に報道関係者向けに内容が公開されました。アトラクションは、ゴーグル付きのヘッドセットを着用してアトラクションに乗車します。

ARやスクリーン東映などの最新の映像技術によって、ゲームに没入するかのようなレース体験ができることが特徴です。

本来「スーパー・ニンテンドー・ワールド」は、東京オリンピックが開幕する2020年夏に改行する予定だったものの、新型コロナウイルスの感染拡大を受け開業を遅らせていました。

2014年に開業した「ハリー・ポッター」のエリアでは、建設費として約460億円を投じていましたが、今回開業した任天堂のエリアにはそれを上回る約600億円を投じています。

新エリア開業に対する海外の反応は?

任天堂から発売されている多くのゲームタイトルが世界で親しまれていることもあり、USJの新エリアオープンについては海外からも多くの反応がありました。

実際に11月30日の午後2時にFacebookページにて、2021年2月に新エリアのオープンを発表したところ、2020年12月1日時点ですでにシェア2,506件、コメント1,387件にも上ります。この投稿は日本語での投稿であるにもかかわらず、「早く本物が見たい」「これ本物?アニメみたいですごい!」といった外国人からのコメントも多数投稿されています。

さらにアメリカのメディアのブルームバーグでは、報道関係者向けに発表された動画を同社のTwitterに投稿したところ、約1,800件のリツイート、約7,400件のいいね!がつきました。

この投稿にも多くの外国人が、「行きたい」「素晴らしい」というコメントが寄せられています。一方で、大きな反響が集まっていることもあり、混雑具合や感染症対策について心配する声も上がりました。

世界でもっとも有名なゲームキャラクター「マリオ」、東京オリンピックのアピールにも

任天堂のゲームに登場するキャラクター「マリオ」は、世界で最も有名なゲームキャラクターだともいわれています。世界での人気を呼んだきっかけは1985年9月に発売されたファミコン用ソフトである「スーパーマリオブラザーズ」です。このソフトが海外でも大ヒットし、ゲームに登場するマリオが世界的に有名になりました。

なお「スーパーマリオブラザーズ」は、世界で4,000万本以上売れたことから「世界で最も売れたゲーム」としてギネスにも認定されています。

また2016年のリオ五輪の閉会式では、次回の開催地である東京のパフォーマンスとして、当時の安倍首相がマリオに扮して登場したことでも話題を呼びました。国際オリンピック委員会IOC)のバッハ会長も、「安倍マリオの姿は忘れられない」と評価しています。

マリオが世界的に有名なキャラクターであり、同時に日本を代表するキャラクターであることから、USJの任天堂エリアについて世界から注目されています。

IOCバッハ会長、今回の来日で「五輪開催できる」と確信:ワクチン費用のIOC負担、収容観客数は来春決定など発言まとめ

11月15日、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が、東京・羽田空港着のチャーター機で来日しました。16日午前に菅義偉首相と会談し、東京オリンピック・パラリンピックの来夏の開催を目指すことを再確認し、連携強化を図るためとされていました。新型コロナウイルスの影響を受けて今年3月に大会の1年延期が決まって以降、バッハ氏の来日は初めてのことです。本記事では、注目が集まった今回の来日期間のうち、特に活動が目立った11月16日〜17日の2日間でバッハ会長は何をしたのか、その動静を整...


USJのインバウンド対策・コロナ対策について

トリップアドバイザー上のUSJへの訪日外国人による口コミ件数は1万件を超えており、大阪市の観光スポットで10位となっているなど屈指の人気を誇っています。今回の任天堂エリアの開業のニュースは、さらにUSJの人気が高まることが予想されます。

また、USJでは多くの外国人が来場することから、公式Webサイトでは5か国語に対応しているほか、2015年から毎年「ユニバーサルクールジャパン」というイベントを開催していました。このイベントでは「進撃の巨人」や「ゴジラ」といった人気アニメ、人気映画をテーマにイベントを開催し、国内のみならず海外からも人気を博していました。日本発のコンテンツをうまく活用した事例といえるでしょう。

直近では、新型コロナウイルスの感染防止策として来場者にはマスクの着用や消毒の徹底、ソーシャルディスタンスの保持などを呼び掛けています。また、入場時に「大阪コロナ追跡システム」への登録を促しているほか、パーク内の人の密集を避けるために、一日の入場者は通常の半分程度に制限しています。

アフターコロナのインバウンド需要回復を「マリオ」が支えるか

日本国内でも訪日外国人観光客から最も人気があるUSJにて、2021年2月に新しいエリアの開業が発表されました。新しいエリアは、世界的にも人気のあるゲーム会社である任天堂をテーマに設計され、任天堂のゲームの世界観や登場するキャラクターをモチーフとしたアトラクションが導入されています。日本のみならず海外からの反応も非常によく、開業発表時には多くの外国人がコメントをするなどの反応をみせています。

USJではインバウンド対策にも力を入れていることも特徴です。これまでにも毎年日本のアニメや映画をテーマにしたイベントを開催しており、併せてWebサイトの多言語対応対策などを実施してきました。結果として、インバウンドにおいて日本で最も人気のあるテーマパークに選ばれました。

感染症対策も万全で、スタッフの対策のみならず、来場者への呼びかけやアプリへの登録、入場者数の制限などが実施されています。

海外からの観光客の入国が制限されている現在においてもUSJの「スーパー・ニンテンドー・ワールド」開業のニュースは海外から多くの反響が寄せられており、アフターコロナインバウンド需要回復を「マリオ」が支えることが期待されます。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

訪日ラボ 最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめの記事をご紹介します。

永山卓也氏・mov共著『Googleビジネスプロフィールですごい集客力を手に入れる』8月5日発売


訪日ラボを運営する株式会社movは、株式会社ユニットティ 代表取締役で、日本初のGoogle ビジネスプロフィール ダイアモンドプロダクトエキスパートとしても活躍する永山 卓也氏とともに、Googleビジネスプロフィール専門の解説書『Googleビジネスプロフィールですごい集客力を手に入れる』を青春出版社より8月5日から発売いたします。

本書は、小売・飲食・宿泊業、観光業のマーケティング、マネジメント支援を中心に豊富な支援実績を持つ永山氏、そして口コミ対策・ローカルSEO(MEO)、インバウンド領域に知見を持つmovがタッグを組み、Googleビジネスプロフィールに関わる店舗集客施策を解説したものです。

全国の書店及びAmazonなどのオンライン書店、電子書籍での販売を予定しております。事前予約については以下のページをご確認ください。
https://amzn.asia/d/06xjqsYU

詳しくはこちらをご覧ください。
永山卓也氏・mov共著『Googleビジネスプロフィールですごい集客力を手に入れる』8月5日発売


【インバウンド情報まとめ 2024年7月前編】「もう一度行きたい国」日本が1位に、その背景は? 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、主に7月前半のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

「もう一度行きたい国」日本が1位に、その背景は? / 4月の国別宿泊者数 中国が再び1位に【インバウンドまとめ 2024年7月前編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに