外国人の新規入国、中韓のビジネス目的含め全面停止へ 五輪まであと半年、水際対策の一層強化か

公開日:2021年01月05日

政府は5日、中韓を含む11ヵ国・地域からのビジネス関係者などを受け入れている現在の入国緩和策について、全面的に一時停止とする方向で検討に入ったと、一部のメディアにて報道されました。

当初は新型コロナウイルスの変異ウイルスの市中感染が確認された国・地域ごとに一時停止とする方針でしたが、水際対策をより強化する方向へ方針転換する形となります。

東京五輪開催実現を目指して、一層の水際対策強化か

昨年の12月26日、政府は新型コロナウイルスの変異種発見を受けて、全世界を対象にした二つの出入国緩和策を28日午前0時から停止していました。

その一方で、中国・韓国のほかベトナム、シンガポール、タイ、台湾などで、出張などのビジネス関係者、留学生、技能実習生らを一定の条件下で受け入れていました。

今回の方針転換によって、新型コロナウイルスの変異種の市中感染の有無に関わらず、全面的に入国を規制することとなります。

期間は調整中であるものの、少なくとも緊急事態宣言期間中は継続するとしています。

なお、在留資格を持つ外国人の再入国の他、人道上配慮が必要な例など「特段の事情」がある外国人は引き続き特例的に入国を認める方針です。

今後数ヶ月間の訪日外客数は昨年以上に減少することが予想されますが、今夏に予定されている東京五輪の開催実現に向けて、少しでも早く感染状況を収束させるために、水際対策をより一層強化させたともいえます。

2021年、今こそ情報発信を。インバウンド向けSNS活用法・注意点をおさらい【Facebook編】

新型コロナウイルスの感染拡大の勢いは未だ止まらない中、2021年を迎えました。コロナ禍によってインバウンドの客足が止まっている今、訪日潜在層へ向けた情報発信の重要性は高まっています。渡航制限下の情報発信の意義に疑問を感じる方もいるかもしれませんが、今まで海外旅行を楽しみにしていた人々は事態の収束後を見据えて、今でも旅行情報の収集や計画を立てています。そのため、次の旅行先に選んでもらうためには継続的な情報発信が必要です。本シリーズでは、インバウンド向け情報発信の主力の武器ともいえる、SNSの...


インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!