コスパと海外へのアピールを両立する多言語サイト制作運用サービス「コスパHP」これからの時代に必要な理由とは?

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

現在外国人に対して日本への入国制限が行われており、以前のように街中で外国人観光客を見かけることもなくなりました。さらに海外での日本旅行博などのイベントも中止や延期が相次いでいるので、外国人へニッポンを訴求することが難しくなっています。

以前とはすっかり変わってしまった環境で、外国人へ訪日旅行を訴求するには、新たな手段をとらなければなりません。たとえばウェブサイトの活用も、こうした新たな手段としてありえます。

ウェブサイトの制作は専門知識や人員が必要な場合もあり、加えて訪日外国人をターゲットとする場合には多言語対応も必須となります。こうした準備には費用の面も気になってきます。

そこで今回は、新たにウェブサイトの制作を考えている方へ「多言語に強い」「コスパ重視」のウェブサイト制作運用サービスのコスパHPをご紹介します。

コスパHPの資料をDL

※資料請求には無料の会員登録が必要です

コスパHPの詳細はこちら

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

コストパフォーマンスを追及した多言語対応のウェブサイト制作

株式会社コスパ・テクノロジーズが運営するコスパHPは、ウェブサイト制作のコストパフォーマンスを追及し、最短1週間、10万円から多言語ウェブサイトを制作するサービスです。

スパHPには以下のような特長があります。

コストパフォーマンスの追及1. 無駄を省いた企画

いざウェブサイトを制作するとなると「せっかくだからあの機能、この機能も追加しよう」と次々とオプションを追加し、その結果予想よりも費用が上回ってしまうことがあります。

スパHPは基本サービスにオプションを足していくスタイルなので、ニーズを満たす必要最小限の仕様でウェブサイトを企画できます。

コストパフォーマンスの追及2. テンプレートを使用

ウェブサイトのデザインをイチから制作するとなると費用が膨らんでします。

そこでコスパHPではデザイン・フォーマットであるテンプレートを活用し、コストパフォーマンスを大幅に改善しています。また、コスパHPでは、多言語サイトに適している欧米のテンプレートを主に使用するので、海外ユーザーへの訴求力が抜群です。

コストパフォーマンスの追及3. 必要な機能は後ほど追加が可能

上述したオプションは、ロゴ関連、文章関連、画像関連、SNS関連などと細分化して設定されています。

そのため、ページ数を増やしたい、言語数を追加したい、SNSアカウントを開設したいなどのニーズごとに機能を追加することができます。

まずは必要最小限の機能のみでウェブサイトを開設して、その後必要になった機能を厳選して追加することも可能です。

ウェブサイトの多言語対応はなぜ重要か

訪日旅行以外にも、実は多言語サイトには多くのニーズがあります。

在日外国人への訴求、海外への窓口に

日本には293万人の外国人が住んでおり、この数は茨城県や広島県の人口を上回ります。日本に居住する外国人といっても、日本語が堪能な方もそうではない方もいます。

日本語が堪能でない方が英語や中国語で情報収集できれば、その方にとって利便性が高いことはいうまでもありません。

多言語対応したウェブサイトはこうした人々のニーズを満たすだけでなく、こうした人々の母国に口コミが広がるという効果も期待できます。

コロナ後のインバウンドへの備え

新型コロナウイルスが流行するまで、訪日外国人数は右肩上がりで、2019年には3,188万人もの人が日本を訪れました。

コロナ収束後すぐに以前と同水準に戻るのは難しいかもしれませんが、それでも多くの外国人観光客が日本を訪れることが予想できます。

その日のためにも今からウェブサイトなどで魅力を発信することで、近い将来に訪れたいと思わせることが大切です。

成長市場、越境ECにトライできる

新型コロナウイルスの影響で国を跨いだ人の移動は大幅に減少してしまいましたが、一方で越境ECの規模は拡大しました。

日本製品のクオリティの高さには定評があることを考えても、越境ECインバウンド市場でますます重要となっていきます。

ウェブサイトで物品を販売している場合、多言語対応することで海外市場へのアプローチとなります。B2B、B2Cどちらの越境ECも盛んではありますが、特にB2Bの場合は英語でほぼ対応ができるので、運用の面でも負担は少ないでしょう。

「コスパHP」は特殊なインターネット環境の中国へも対応

中国には「グレート・ファイアウォール」と呼ばれるインターネットの検閲が存在します。外資インターネットサービスはアクセスに規制がかけられており、GoogleのサービスTwitterなどは中国国内からはアクセスすることができません。

そのため、たとえばウェブサイト上にGoogleマップを埋め込んでしまうと、中国からは見ることができません。

スパHPの中国向けウェブサイトでは、このような事態が起こらないように中国仕様で制作するため、中国からもストレスフリーでアクセスできます。

コストを抑えつつ本当に必要なウェブサイトを実現するコスパHP

海外に住んでいる日本製品のファンに対して、またSNSなどで日本の魅力を母国に発信する可能性がある在日外国人に対して、さらにはコロナ収束後に訪日旅行を考えている方々に対して多言語ウェブサイトを用意し、情報を発信していくことは重要です。

今後は、ワクチン接種が開始され、国を越えた人の移動が再び行われることが期待されます。さらにオリンピック・パラリンピックが開催されれば、そのタイミングで訪日する人も少なくないことが予想できます。

こうした層に対して今から日本の魅力を訴求するためにも、多言語対応したウェブサイトを用意することは必須です。コストも抑えつつ効果を最大限に上げたい事業者の課題に対して、コスパHPは解決策を提供します。

コスパHPの資料をDL

※資料請求には無料の会員登録が必要です

コスパHPの詳細はこちら

訪日ラボ 最新版インバウンド情報まとめ

【速報】外国人に人気の「桜・お花見の名所」ランキング発表!


今回は、全国の桜の観光名所40スポットを対象として、2024年3月27日〜4月7日の口コミを取得、傾向を分析し、2024年速報版・桜の観光名所口コミ分析レポートを作成しました。

業界動向の把握や自店舗の口コミ対策に、ぜひ本レポートをご活用ください。

詳しくはこちらをご覧ください。

【速報】外国人に人気の「桜・お花見の名所」ランキング発表!全国40スポットのうち、今まさに外国語口コミが多く寄せられているのは?【2024年版】

【インバウンド情報まとめ 2024年3月】2023年年間宿泊者数 1位は韓国 他

訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年3月版レポートから、2月〜3月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

インバウンド情報まとめ 2024年3月

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
 訪日客向け“相撲エンタメショーホール” 大阪にオープン / 2023年年間宿泊者数 1位は韓国【インバウンド情報まとめ 2024年3月】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部PR

訪日ラボ編集部PR

訪日ラボ編集部が企業のインバウンド対策向けのサービス訪日外国人観光客向けのソリューションや商品をご紹介。PR記事だからこそ、インバウンド事業に取り組む企業の事例や、その背景にあるインバウンド情報を、しっかりとわかりやすくお届けします!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに